トップニュース

先天性心疾患(CHD)のアルティメットガイド

先天性心疾患(CHD)とは?

先天性心疾患とは、出生時に心臓の構造に欠陥があり、心臓の壁 、心臓弁及び血管に影響することがあります。色々な心臓病状は、心状態につながることがあります。の症状を引き起こす場合もあれば、引き起こさない場合もあります。これらの欠陥は、心臓を通し、血液の流れを変えるまで深刻になることもあります。 しかし、このような欠陥の兆候や症状は、人生の後半になってもこのような欠陥の兆候や症状が発生こともあります。

先天性心疾患(CHD)の種類

 3種類に分ける先天性心疾患(CHD)は下記のようになります。

  • 心臓弁の欠陥  この病状では、心臓臓弁が閉まったり、漏れてしまったりすることがあります。結局に心臓が血液をポンプすることは困難になります。
  • 心臓壁の欠陥 この病状では、心臓部屋の壁が正確に形成せず、不十分な血液のポンプ状態になります。時に血液が逆に心臓や、本来あるべきでない場所に流れ込んでしまうこともあります。このような欠陥が心臓に圧力ーを及ばし、血圧の障害を起こします。
  • 血管の欠陥  このタイプの先天性心疾患(CHD)では、心臓から血液を循環する動脈と静脈はちゃんと機能しませんので血液の流量が減少し、さまざまな健康上の病状がおこる可能性があります。

先天性心疾患(CHD)の症状とは?

先天性心疾患の症状は、生後ばかりの時期に発見されないことがあります。しかし、心臓に欠陥がある新生児は、下記のような症状を体験することがあります。

唇、手指、足指と皮膚が青っぽいになる状態

息苦しい、または息切れ

食べるに困難

低出生体重児

胸の痛み

成長に遅さ

時として、先天性心疾患(CHD)の症状は生後ばかりではなく、出生何年間後も現れることがあります。この状況の症状として下記のようにあります。

心拍数の異常

めまい

息苦しさ

失神

疲労感

腫れ

症状を未治療にして置くと性欲減退、脱力感、勃起困難など、他の合併症を引き起こす可能性になります。酷い病状の場合には、患者さんは合成治療法を受けるしかありません。 CHDの薬と、他の合併症(性欲減退、脱力感、勃起困難など)に効くビダリスタのような2つの薬が併用されます。タダラフィル、阻害剤グループの薬は直接にPDE5酵素に作用し、症状を治療します。

先天性心疾患の原因とは?

子宮内で発症する先天性心疾患(CHD)の原因はまだ不明ですが遺伝情報が原因であるかと言われます。これは、心臓の構造に早期の問題で発症されます。

原因ははっきりされていませんがいくつかの指示される特定な理由は以下の通りです。

家族から遺伝された心臓の欠陥

妊娠中いくつかの薬で先天性心疾患(CHD)が発症される可能性があります。

妊娠時にアルコールを摂取は、心筋梗塞を発症するチャンスを高めます。

妊娠初期に伝染病がある母親は、先天性心疾患(CHD)を発症するリスクが高いです。

血液に糖分が多いと糖尿病になり、子供の成長にも影響します。

先天性心疾患の合併症について

 いくつかの先天性心疾患の合併症とは:

 不整脈

不整脈とは、心臓の鼓動を引き起こす電気的インパルスが正常に機能しない状態であります。重度の不整脈は、治療せずに放置すると心臓の突然死を引き起こす可能性もあります。

心内膜炎

 心臓は、4つの部屋と4つ弁膜があり、エンドカルデアムという薄い膜でつながっています。バクテリアやその他の細菌が血流に乗って心臓に侵入し、この内膜(心内膜)が感染することを「心内膜炎」といいます。放置すると、心臓弁の損傷や破壊、あるいは脳卒中を引き起こす可能性があります。

肺高血圧症

 は、肺の血圧が上昇し、肺の動脈に影響を及ぼす病状です。一部の先天性心疾患では、多くの血液が肺に流れ、心臓に圧力が高まり、心臓の機能に苦労を起こせます。その結果、心臓の筋肉が弱くなり、時には心臓の壁が正常に機能しなくなることもあります。

ストローク

  脳卒中は、脳組織への酸素供給が不十分で起こります。先天性心疾患(CHD)は、血栓が心臓を通過して脳に到達のを可能にします。したがって、特定の先天性心疾患(CHD)が脳卒中を引き起こします。

 心不全

 心不全はうっ血性心不全とも呼ばれます。心臓が十分な血液をポンプことが出来ないと必要な酸素の量を満たすのに不能になります。先天性心疾患の中には、心不全を引き起こす可能性もあります。

心臓弁の問題

  先天性心疾患(CHD)は、心臓の弁に影響与え、機能不全を引き起こします。心血管疾患を未治療して置くと、性器の機能障害や性欲低下を引き起こす可能性があります。その結果、先天性心疾患の男性は、他の合併症の症状を経験し始めます。

先天性心疾患の治療法とは?

 先天性心疾患(CHD)の治療法は、欠陥のタイプと酷さによってなります。

薬物療法

多くの薬は、心臓の効率を高める作用があります。いくつかの薬は、不整脈を防ぎ、または、血栓を治療するようにも役に立ちます。

植込み式心臓装置

:先天性心疾患(CHD)に関する合併症は、ペースメーカーや植え込み型除細動器(ICD)、いくつかの機器で解決することが出来ます。これらの機器は、異常な心拍を調整するように使用されます。

開放型心臓手術

この手術はカテーテル手順

が状態を改善しない場合に使用されます。開放型心臓手術では、心臓の穴を塞いだり、心臓弁を修復したり、血管を広げたりすることは行います。

CHD患者に2型糖尿病の症状がある場合、トラッドジェンタの摂取が忠告されるようにCHD患者が勃起障害を経験した場合にはビダリスタが忠告されます。ビダリスはPDE5阻害剤ですのでお医者さんは他の薬と合うように整合して処方されます。

お医者さんが最適な量を処方するようにビダリスタは、様々な種類に提供されます。

この以外では、定期的にお医者さんに受診するのは大事であり、治療だけで状況を完全に治療する訳ではありません。

READ  2011年の災害で行方不明になった女性に確認された日本東北部で分離された遺骨が発見されました。

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close