トップニュース

入国禁止後、1月の訪日観光客98.3%急減

東京(教徒) – 日本がコロナウイルス急増にすべての非居住外国人の入国を中断した後、日本を訪れた外国人訪問者数は前年比98.3%減の46,500人に16ヶ月連続で減少した。 事例、政府のデータは、水曜日に気づいた。

日本の観光庁によると、この数字は、8ヶ月ぶりに前月比減少した数値だ。

特に、事業を対象とした入国制限が徐々に緩和され、6月からの訪問者数が増加している。 しかし、これらの特別な待遇の中断は、回復傾向に妨げとなった。

レポート月に、ベトナムから来た訪問者は60.3%減の20,000人とほぼ半数を占めていました。 日本政府が1月中旬にすべての非居住外国人の入国を停止する前に、多くの技術インターンが日本に入国した機関は、明らかにした。

中国は98.9%減の10,200人で、2位、韓国は2500人で99.2%減少した。

訪問者数は、日本に入国したり、再入国する外国人とその家族と留学生が含まれます。 乗組員と永住者は除外されます。

一方、日本を去る日本人の数は48,700人で96.5%減少した。

READ  ウイルス感染症で、日本の新しい大学入学試験の進行

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close