エンターテインメント

入社辞退希望者の募集家庭教育1年…コロナ流行に自動内定取り消し就職氷河期再来か:東京新聞TOKYO Web

研修開始内定者に渡さLINEのメッセージなお、入社辞退も促している

◆入社辞退を促し、会社に「心が折れた」

新入社員が入社の辞退に追い込まれたり、長期の自宅待機を命じて退職している。 内定取り消しと解雇ではなく、自主的に停止するために、統計に表示されていない「自動内定取り消し」である。 コロナ災害が水面下で若者を狩り構図で再び就職氷河期を迎える恐れも出てきている。 (アーツ亮太)

「辞退をご希望の方は、ご連絡ください。」 東京都内のIT企業の正社員に内定された男性(22)は、教育の開始がコロナ流行に延期される中、4月の緊急事態宣言の直後会社から受け取ったLINEに違和感を持った。 何も起動しなかった入社の辞退を促した。

5月末に始まった研修初心者に丁寧に教えて宣伝用語が並ぶ高級内容と叱責を混ぜた地図辞退者が続出。 男性は「センスがない」「あきらめなら今のうち「包装」の心が折れた」給料も支払われないまま入社をあきらめ、地元大阪に帰った。

「明らかに辞退させようとした。あまりにも理不尽将来に絶望した ”

◆企業側が内定取り消しない統計が表示されず、

厚生労働省がまとめた今年の3月に卒業の内定取り消しは9月末現在、前年の6倍に近い201人。 企業側がキャンセルされなければ、ハローワークへの通知義務ではなく、統計で蒸発する。 就職・転職支援を担当UZUZ(問題ありません、東京)の川端正太郎専務は「「自動内定取り消し」の相談が多い。公表された数字は氷山の一角」との見方を示す。

都内の他のIT企業に入社した男性(21)は、仕事がなく、同期約50人が自宅で研修。 試験期間に給料は手取り月8万円。 家賃だけで7万円かかるので、貯蓄を撤去した。 「人生と未来が不安で自宅待機状態7月から転職活動を始めた」と打ち明けた。

都内の旅行代理店に就職した女性(24)は、家庭での教育が行われた8月には、来年3月末までに合計1年間研修が続くと通知された「気分が持ちこたえることができなくなった。」 法律事務所に転職しましたが、「旅行業界に行きたかった」と悔しさをにじませた。

◆専門家 “学生に悪影響」

労働問題に精通した梅田和尊弁護士は「最近の企業は、解雇に伴う賠償請求などを避けるために自発的退職を促す傾向があり、卒業者も同じ取り組みをしている可能性がある」と述べた。

若者の就職は、今後より多くの困難に見える。 就職情報マイナビによると、2021年3月卒業予定の大学生・大学院生の内定率は8月末から77・6%で、前年比5ポイント低く、比較可能な18年以降初めて80%の下に落ちた。

立命館大高橋伸彰名誉教授(日本の経済論)は、「企業が長期的に人材を育成概念が薄れ、景気悪化時には、学生に悪影響されて氷河期起こしやすい」と指摘した。 「新卒採用と社内教育に熱心な企業を政府が補助しなければならない」と提言する。

若者の就職問題バブル崩壊後の企業が新入社員の採用を絞っ正規職の枠を減らして表面化した。 2000年前後に社会に出てきた「氷河期世代」は、非正規職など不安定な雇用形態で転職を繰り返し、他の世代に比べて賃金が低いという研究結果もある。 政府は3年間氷河期世代の30万人の正規職化を目指すなど支援を強化する。 10月には、氷河期の再来を防ぐために、コロナ災害でも卒業者の採用を維持するように、経済団体に要請している。


READ  プロジェクトEGG、ADV「自動メビウス」を配信開始! - GAME Watch

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close