トップニュース

全世界の反発にもかかわらず、日本、福島処理水を海に放流

イスタンブール

日本原子力規制庁(Nuclear Regulation Authority)は会議で福島第1原子力発電所の処理水を海に放出する計画を承認したと公営放送NHKが報道した。

発電所の運営者である東京電力(TEPCO)は、日本政府の決定に従って計画を提出した。

さまざまな国で処理された水が海洋生物に有害であるという懸念を表明しました。

日本は2021年4月、核廃棄物を2年にわたって海に捨てる計画だと発表し、近隣の中国、韓国、北朝鮮、台湾など国際機関の激しい批判を受けている。 国連。

しかし、米国は2011年の大規模地震と津波によるメルトダウン以来、福島原子力発電所に蓄積された100万トン以上の水を除去する方法について、長年議論した後に出てきた日本の提案を支持しました。

中国外交部の王文立広報担当者は11日、「日本が汚染水の放出に対する複数の当事者の懸念を無視することは、中国が反対する非常に無責任なことだ」と話した。

王は、中国は日本がこの水を科学的、開放的で安全な方法で処理するよう促すと述べた。

国際原子力機関(IAEA)チームも今年初め、日本を訪問して処理された核廃棄物を海に捨てる案を議論した。

5月、規制当局はTEPCOの計画草案を承認した後、世論を集めました。

最後に、規制当局は、「TEPCOがこれまでの処理水と計画について行った作業は合理的」と結論付けました。

原子力発電所事業者TEPCOは、処理された水が海に流れ込むように海底トンネルを建設する作業を昨年12月に開始しました。

日本政府は、「三重水素レベルが国の規制以下に落ちるように水を希釈する」ことに取り組んでいます。

すべてが計画通りに進めば、日本は来年の春から核処理水を放出し始めるだろう。

Anadolu Agency Webサイトには、AA News Broadcasting System(HAS)加入者に提供されるニュース記事の一部のみが要約された形式で含まれています。 購読オプションについてお問い合わせください。

READ  日本に住む外国人の子供たちの心を照らした映画、名古屋で上映

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close