全世界チャンピオン桃田健人、日本代表チーム引退

Estimated read time 1 min read

元バドミントン世界チャンピオンの桃田健人が日本代表チームから引退すると木曜日発表した。

29歳のこの選手は、東京で開かれた記者会見で今月末、中国成都で始まるトーマスカップ国際チーム大会に最後に日本を代表すると述べた。

桃太は2018年世界選手権で日本人初優勝を獲得し、翌年にも2連覇に成功した。

最近連続した負傷により世界1位だった選手は2024年パリオリンピック出場資格を失うことになりました。

桃田は「再び世界1位を目指す時点でこれ以上戻れないことに気づいた」と話した。

「私は国家代表チームで非常に満足のいくキャリアを築いてきました。今では、誰もがスポーツで楽しさを見つけるのを手伝うことに参加したいと思います。」

香川県出身の彼は、2019年シーズンに11個の断食タイトルを獲得し、全盛期の支配的な勢力でした。 しかし、彼のキャリアは、議論と悲劇によって染色されました。

桃田は日本違法カジノ賭博の疑いで出場停止処分を受けた後、2016年リオ五輪メダル挑戦機会を逃した。

2020年1月にマレーシアのマスターズで優勝した後、彼はクアラルンプールの近くで交通事故に遭い、彼が乗っていたバンの運転手が死亡したけがをしました。

彼は翌年11月までもう一つのタイトルを獲得できず、その間東京オリンピックで失望した組合予選脱落をした。

桃田は今後も国内大会とプロS/Jリーグに出場する計画だ。

READ  日本首相、NPT confabで核のない世界推進に推進力を追加
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours