経済

全斗煥前大統領、今年90歳で別税

1979年、軍事クーデター以後、強力な民主化デモを誘発した韓国の全斗煥前大統領が火曜日、香年90歳を日記で世を去ったと彼の元メディア補佐官が語った。

ミン・チョンギ前報道官はチョン・ドゥファンが多発性骨髄腫(血液がん)が差を見せ、最近健康が悪化したと話した。 彼は朝早くソウルの自宅で世界を去り、彼の遺体は翌日の葬儀のために病院に移される予定だった。

‘光州の屠殺者’として知られる元軍司令官チョン氏は1980年、光州市で民主化デモ隊に対する軍虐殺を主導し、この犯罪で後に有罪判決を受けて減刑を宣告された。

彼の死は韓国の民主主義への厳しい転換で決定的だが、議論の余地がある役割を果たしたもう一つの元大統領であり、クーデター同志である盧泰が88歳で死亡してから約1ヶ月ぶりになった。

冷胆で頑固なチョン・ドゥファンは、1990年代半ばの裁判で政治的危機から国を救うために必要なだけクーデターを擁護し、光州に軍隊を送ることを拒否しました。

チョン氏は裁判所に「同じ状況が迫るなら、私も同じ措置を取ると確信する」と話した。

全氏は日帝強占期の1931年3月6日、南東の合川郡栗谷面で生まれた。

全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領が1997年12月、大韓民国安養から特別斜面で釈放された直後、安養刑務所の壁に立って演説している。 | ロイター

高校を卒業してすぐに軍に入隊し、1979年司令官として赴任するまで進級した。 その年、朴正煕大統領暗殺事件の捜査を引き受けたチョン・ドゥファンは主要軍事同盟国を拘束して権力を掌握した。 韓国情報機関の12月12日クーデター見出し。

「パク・ジョンヒ大統領時代、最も強力な組織の前でどれほど簡単に(前)がその組織を掌握し、状況を上手く活用するか驚きました。あっという間に巨人に成長したようです。」にこう言った。

全斗煥の8年大統領府執権は残酷性と政治的弾圧が特徴だった。 しかしそれはまた成長する経済的な繁栄によって特徴付けられた。

執権の間、彼はまた北朝鮮の暗殺の試みで生き残った。

1983年にミャンマーを国賓訪問中に、エージェントは暗殺されたビルマ独立英雄であり、アウン山恥の父であるアウンサン記念碑で儀式を爆弾テロして彼を殺そうとしました。

死亡者の中には全斗煥の外務大臣と経済顧問も含まれていたが、その対象は交通渋滞で遅れて現場になかった。

チョン・ドゥファンは1987年に直接選挙制を要求する全国的な学生主導民主化運動の中で辞任した。

全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領(右)と後任ノ・テウ前大統領(1996年8月)が現地メディアで暴動、反逆、賄賂の疑いで有罪を宣告された。
全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領(右)と後任ノ・テウ前大統領(1996年8月)が、地域メディアが「世紀の裁判」と呼ぶ反乱、反逆、賄賂の疑いで有罪を宣告された。 | ロイター

1995年に反逆罪で起訴され、検察出頭を拒否し、故郷に逃避して逮捕された。

地元メディアが「世紀の裁判」と呼ぶこの事件で、彼とクーデター公募者であり、後任大統領である盧泰大統領は反乱、反逆、賄賂の疑いで有罪判決を受けました。 判事らは、評決でチョン・ドゥファンの執権が「違法な手段を通じて国民に莫大な被害を与えた」と述べた。

生存者、元将校、捜査官の証言によると、光州で数千人の学生が殺害されたと推定される。

盧武鉉は長期刑を宣告され、全斗煥は死刑を宣告された。 しかし、1988年アジアの「虎」経済の急速な経済発展と大統領の平和的盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領移譲に全斗煥の役割を認めたソウル高法はこれを減刑した。

二人は1997年、金英三大統領によって辞められ、刑務所で解放された。 彼はこれを「民族団結」を促進するための努力と呼んだ。

Chunはスポットライトに何度も戻った。 彼は2003年に29万1000ウォンの現金と子犬2匹、家電製品の一部などを主張し、2205億ウォンの罰金を課して国民的怒りを買った。 彼の4人の子供と他の親戚は、後にソウルの広い土地とアメリカで豪華なヴィラを所有していることが判明しました。

全氏家族は2013年に家族が借金をほとんど返済すると公言したが、2020年12月現在までに1000億ウォンほどの過怠料を出した。

全斗煥は2020年、2017年の回顧録で故民主化運動家でカトリック司祭を名誉毀損した容疑で有罪が宣告され、8カ月執行猶予を宣告された。 検察は控訴し、全斗煥は来週裁判を受けることになった。

全斗煥前大統領が8月、ソウル裁判所に向かっている。  | 連合/ロイター通信
全斗煥前大統領が8月、ソウル裁判所に向かっている。 | 連合/ロイター通信

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本、賃上げを通じた経済強化の目標

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close