スポーツ

全日本フィギュア:女性無料速報= 2020年12月27日

いよいよ最後のG紀平連覇または坂本奪還一つ追う三原

紀平 “4回転サルコ”宣言

アイスダンス “金代」の結果

女子SP詳細な報告紀平、坂本三原の演技は

写真で振り返る女性無料


22番滑走路三原マイヨ(シスメックス)

2年ぶりに全日本選手権に戻ってきた21歳。 GPシリーズNHK杯4位。 昨シーズン体調不良で休養していたが、今シーズン復活。 SPは会心の演技を見せてくれて勝利のポーズ。 スピン、ステップも最高水準を獲得した。 SP3位= 69.55

フリー:Fairy Of The Forest、Galaxy


21番滑走路山下真瑚(中京大中京高)

17歳。 中部選手権優勝西日本選手権6位。 GPシリーズNHK杯5位。 ジュニア時代には世界ジュニア選手権大会で銅メダル。 終始笑顔を見せたSPは、会心の数で4位= 67.28

無料:映画「トワイライト・サーガ」よりも「A Thousand Years」

最後のグループの緊張からか、ジャンプのミス。 後半3連続ジャンプを決めた場合には、山下のような笑顔も。 ソフトスケートで新鮮務めた。

フリースコアは118.28、合計185.56。


20回の滑走路新田谷名(中京大)

23歳。 西日本選手権3位。 昨年全日本選手権7位。 当初は昨シーズンの最後に引退を表明していたが、現役を決定した。 すべてのジャンプに加算点がついたSP 5位= 67.16

無料:映画「ブラックスワン」で

ジャンプでミスが出てきた、神秘的な曲調に合わせて感情豊かに美しく黒い白鳥を演じきった。

フリースコアは122.32の合計。 189.48


19番滑走路宮智子(関西大学・木下グループ)

「ミス完璧な “22歳14〜17年全日本選手権で4連覇。昨年4位だった。18年の平昌五輪4位、世界選手権で銀1回銅1回。昨シーズンから、カナダに拠点を置く。SPは誤ってジャンプが0点になってしまう場面も不振だったが、冷静に受け止め気持ちを切り替えて、無料で臨む。SPは6位= 66.48

無料:トスカーナ

すべての連続3回転ジャンプに成功。 流れに乗って移動を続けても決定する。 真紅の衣装で、大人な雰囲気を演出。 最後の連続ジャンプで越えてもいたが、ドラマチックな曲調に合わせて落ち着いて本来の宮ダウン演技を見せた。 最後は左手で勝利のポーズ。

フリースコアは143.27、合計209.75。 ここでマン


第3グループの演技終了暫定トップジュニア松生

18番滑走路松生理乃(中京大中京高)

16歳。 全日本ジュニア選手権優勝。 ジュニアながらGPシリーズNHK杯で3位に上がって上昇に乗っている。 すべてのジャンプをアイシングして、SPが7位= 65.57

無料:Parhaps Love

後半に集めた連続ジャンプを含むすべてのジャンプを決め、ほぼノーミスの演技。 ジャンプは柔らかく、軽く着地で余裕をもって成功させた。

フリースコアは139.17、合計204.74。 川岸、ヒグチウルジュニア選手が過剰暫定マン


17番滑走路川岸マナ(木下アカデミー)

オールシーズンシニア転向した16歳。 GPシリーズNHK杯6位。 近畿選手権2位、西日本選手権4位。 19年全日本ジュニア選手権大会で獲得した。 昨年の全日本選手権でトリプルアクセルを成功した。 今年もSPでトリプルアクセルに挑戦、8位= 64.70

無料:MIRACLE

すべてのトリプルアクセルは転倒したが、それ以降はすべてのジャンプを成功させた。 壮大な曲に乗せてゆったり大きなすべりしまった。

フリースコアは136.88、合計201.58。 ヒグチウル上回る暫定トップ。


16番滑走路川端和愛(早稲田大学)

オールシーズンシニアに転向した18歳。 昨年の全日本選手権でジュニアながら3位を浸透話題になった。 今季はGPシリーズNHK杯10位。 東日本選手権5位。 SPは9位= 64.56

無料:夢のテーマ、シクロリアダース

序盤のミスが出てきた前兆た後半は会場の拍手もプッシュに次々にジャンプを成功させた。

フリースコアは121.62、合計186.18。


15番滑走路白岩ユナ(関西大学)

19歳。 西日本選手権5位。 SPは10位= 63.96

無料:映画「AMEN」より

前半はノーミスで移動を決定したが、後半は疲れのためかミスも。 休みなしリズムに乗って力強く演じきった。

フリースコアは126.43、合計190.39。


14番滑走路住吉りをん(駒場学園高)

初出場の17歳。 東日本ジュニア選手権優勝全日本ジュニア選手権5位。 SPは11位= 62.62

無料:映画「ロシュフォールの恋人」より

すべての連続3回転ジャンプを成功。 アワビもあったが引かれてないで最後まで軽く滑らかなスケーティングを見せた。 延期した後の笑顔。

フリースコアは123.46、合計186.08。


13番滑走路吉岡詩果(植草学園大付属高)

18歳。 関東選手権優勝東日本選手権2位。 昨年全日本選手権10位。 SPは12位= 62.00

無料:Memory

ジャンプで越えもあったが、静かなメロディーに合わせてスムーズなスケートを示し美しくスピンを決定した。

フリースコアは106.82、合計168.82。


第2のグループの演技終了樋口が暫定トップ

12回の滑走路樋口新しい葉(明治/ノエビア)

女性フリーで演技する樋口新しい葉=長野ビッグハートから2020年12月27日(代表撮影)

19歳。 昨年全日本選手権は3年ぶりに2位を掘った。 今季はGPシリーズNHK杯は試合で初めてトリプルアクセルを着氷し、2位。 2018年の世界選手権で銀メダル。 高い身体能力を生かしたスピードとダイナミックな演技が持ち味。 SPは先頭のトリプルアクセル伝導をこすり振るわなかった。 自由は昨年たような強力な仕上がりを目指す。 SP13位= 61.53

無料:昨シーズンに続いてポエタ

すべてのトリプルアクセルは氷結が乱れ。 続く3回転連続ジャンプは成功。 その後もミスはあったが、力強い跳躍を飛んだ。 最後は情熱的でダイナミックなステップで縛った。フリースコアは133.51、合計195.04。 マン


11番滑走路青木ユナ(日本の大学)

2年ぶりの出場18歳。 東日本選手権8位。 SPは14位= 59.97

無料:Beethoven「s 5 Secrets

ジャンプでミスが続いたが、大人っぽい曲調の中に流れを中断されることなく、滑りしまった。

フリースコアは98.27合計158.24。


10回の滑走路鈴木夏(Mエイトクラブ)

初出場の17歳。 東日本ジュニア選手権4位全日本ジュニア選手権7位。 SPは15位= 59.93

無料:「ウエストサイドストーリー」より

初出場ながら大きな間違いなくスポーティな演技を見せて堂々と滑りしまった。

フリースコアは110.20、合計170.13。


9番滑走路横井油は野菜(中京大)

女性フリーで演技する横井油は、野菜=長野ビッグハートから2020年12月27日(代表撮影)

4年連続出場の20歳。 西日本選手権7位。 GPシリーズNHK杯8位。 昨年全日本選手権5位。 第一企画だったSPは16位= 59.83

無料:トムとジェリーat MGM

開始部分は幅があるダブルアクセルを成功させ勢いを。 最後の3連続ジャンプまでのすべてのジャンプを成功させてノーミスの演技。 曲調に合わせたコミカルな行動も見せて楽しませた。 演技後は、何度も勝利のポーズ。 フリースコアは134.39、合計194.22。


8回の滑走路本郷理華(中京大)

女性フリーで演技する本郷理華=長野ビッグハートから2020年12月27日(代表撮影)

2年ぶりに全日本選手権に戻ってきた24歳。 昨シーズンは残りていたが、今シーズン復活。 中部選手権2位、西日本選手権9位。 過去3回の世界選手権代表。 全日本選手権で最高位は2位。 SPは17位= 59.05

無料:映画「ゴースト・イン・ザシェル」よりも「Reawakening ”

全身ブラックの衣装で登場。 すべての連続ジャンプで越え。 最後までスピードを落とさず、終盤には長身を生かした迫力ある手順を示し、動的に滑りしまった。

フリースコアは101.80、合計160.85。


7番滑走路永井由佳(早稲田大学)

22歳。 東京選手権優勝東日本選手権6位。 2015-16シーズンにはGPシリーズスケートカナダで銅メダル。 今季を最後に引退を表明している。 SPは18位= 58.99

無料:エデンの東

後半はジャンプでミスが続いたが、ゆったりスケートを見せた。

フリースコアは87.95合計146.94。


第1のグループの演技終了

6回の滑走路吉田春菜(木下アカデミー)

2年連続出場の15歳。 全日本ジュニア選手権西日本ジュニア選手権2位。 SPは19位= 58.79

無料:マルチネルウァワイゼン

すべて、トリプルアクセルに挑戦したが、タイミング合わない。 曲調が変わった後半は、高速情熱的なバイオリンに合わせて来る連続ジャンプも成功させた。

フリースコアは104.99、合計163.78


5回滑走路竹雛(福岡)

5年連続出場の23歳。 四国、九州選手権優勝西日本選手権8位。 SPは20位= 57.04

無料:ロミオとジュリエット

ジャンプのミスもあったが、情感スケートで世界観を表現した。

フリースコアは106.02、合計163.06。


4回の滑走路松原星(明治)

20歳。 東京選手権2位、東日本選手権4位。 SPは21位= 56.25

無料:the Piano

最初にジャンプミスがあったが、速度のスピンと成長の段階を示した。

フリースコアは99.21合計155.46。


3回の滑走路広谷帆香(岩手大)

20歳。 東北・北海道選手権2位、東日本選手権7位。 SPは22位= 55.27

無料:火の鳥

最初の3回転連続ジャンプに成功。 強力な曲調に負けず、動的に滑りしまった。

フリースコアは94.31合計149.58。


2回滑走路浦松千尋(中京大中京高)

2年連続出場の18歳。 西日本ジュニア選手権5位。 GPシリーズNHK杯12位。 SPは23位= 55.05

無料:ミスサイゴン

ダブルアクセルが1回転されるなど、ジャンプでミスがあったが、柔軟性を生かしたスケートを見せた。

フリースコアは93.31合計148.36。


1番滑走路千葉百音(仙台FSC)

2年連続出場の15歳。 東日本ジュニア選手権2位全日本ジュニア選手権8位。 SPは24位= 54.45

無料:パリのアメリカ人

READ  東京オリンピック:アイルランドのKellie Harrington、欧州予選で金メダル獲得

明るい黄色の衣装で登場。 終盤は手を挙げてジャンプした。 スピンも丁寧に仕上げました。

フリースコアは103.77、合計158.22。


紀平がSP首位発進

フィギュアスケート全日本選手権は25日、長野市ビッグハットで女子ショートプログラム(SP)が行われ、連覇を目指し紀平梨花(トヨタ自動車)が79.34点で首位、NHK杯で優勝した坂本香織(シスメックス)が71.86点2位。 三原マイヨ(シスメックス)が69.55点で3位だった。

写真で振り返る女性SP紀平片手で

男フリー詳細な報告羽生圧巻宇野は跳ねた!


女子SPの順位(5位まで)

ランク得点技術のポイント 煙構成点(減点)
1位紀平梨花79.34 44.1435.20(0.00)
2位坂本香り71.86 36.7235.14(0.00)
3三原マイイ69.55 38.5431.01(0.00)
4真のサンゴ礁67.28 36.0831.20(0.00)
リン新田よ67.16 37.7129.45(0.00)

男SP詳細な報告会長が「羽生ライブ」に

[写真で振り返る男SP】羽生はロック[사진으로되돌아보는남자SP】하뉴는잠금


女性フリー地球順

1番滑走路千葉百音(SP24位= 54.45)
2回滑走路浦松千尋(SP23位= 55.05)
3回の滑走路広谷帆香(SP22位= 55.27)
4回の滑走路松原星(SP21位= 56.25)
5回滑走路竹雛(SP20位= 57.04)
6回の滑走路吉田春菜(SP19位= 58.79)
7番滑走路永井由佳(SP18位= 58.99)
8回の滑走路本郷理華(SP17位= 59.05)
9番滑走路横井油は野菜(SP16位= 59.83)
10回の滑走路鈴木夏(SP15位= 59.93)
11番滑走路青木ユナ(SP14位= 59.97)
12回の滑走路樋口新しい葉(SP13位= 61.53)
13番滑走路吉岡詩果(SP12位= 62.00)
14番滑走路住吉りをん(SP11位= 62.62)
15番滑走路白岩ユナ(SP10位= 63.96)
16番滑走路川端和愛(SP9位= 64.56)
17番滑走路川岸マナ(SP8位= 64.70)
18番滑走路松生理乃(SP7位= 65.57)
19番滑走路宮智子(SP6位= 66.48)
20回の滑走路新田谷名(SP5位= 67.16)
21番滑走路山下真瑚(SP4位= 67.28)
22番滑走路三原マイヨ(SP3位= 69.55)
23番滑走路坂本香織(SP2位= 71.86)
24番滑走路紀平梨花(SP1位= 79.34)

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close