スポーツ

全日本フィギュア:男無料速報= 2020年12月26日

いよいよ最後のG羽生宇野、鍵山登場

当日の練習羽生の表情は宇野衣装で登場

羽生上の人SP詳細な報告はこちら

練習で危うくアイスダンス高橋・村元組

最後滑走羽生朝の音色は


22番滑走路宇野昌磨(トヨタ自動車)

全日本選手権4連覇中の23歳。 昨年の全日本選手権で初めて羽生結弦を破った。 世界選手権チャンピオンのステファン・ランビエールコーチの下で、スイスで練習している。 18年の平昌五輪銀メダリスト。 オールシーズン開幕戦が25日、SPは、連続ジャンプ転倒。 「久しぶりに試合にかなり緊張した」と話したが、調子は最もよい。 SPは3位= 94.22

フリーは昨シーズンに続いて「Dancing On My Own」


21番滑走路田中刑事(クラFSC)

羽生結弦と同じ学年の26歳。 今季は8月に右ひざを故障しながらも、GPシリーズNHK杯4位。 18年の平昌五輪代表。 大きなアニメが好きでの展示では、「ジョジョの奇妙な冒険」などを披露している。 SPはジャンプのミスもあったが、状態の良さを感じさせた。 SPは4位= 83.61

フリーは昨シーズンに続き、映画「シャーロック・ホームズ」より。

先頭の4回転サルコウはバランスを失いますが、引き続き4回転サルコウ、ダブルトウループの連続ジャンプは成功した。 トリプルアクセルを連続ジャンプにすることができず、繰り返してしまったが、後半は会場の拍手を招待動的段階。 力を振り絞っ成人演技を見せた。

フリースコアは155.22、合計238.83。 佐藤を脱いでマン


20回の滑走路佐藤駿(フジコーポレーション)

オールシーズンシニアに転向した16歳。鍵山優真で北京オリンピックの希望と目される。 今季はGPシリーズNHK杯は5位。 昨年のジュニアGPファイナル男子で優勝。 SPは4回転ルッツを脱いで、心に余裕を持って臨んだが、ジャンプのミスが出た。 自由はノーミス演技を目指す。 SPは5位= 83.31

無料:ロミオとジュリエット

やや緊張した表情。 先頭の4回転ルッツは3回転。 続い4回転ループはバランスを失い、手を聞いたが、続く4回転、3回転連続ループしっかりした。 昨シーズンからプログラムで滑り慣れた段階スピンを見せた。 延期した後、少し悔しい表情を見せた。

フリースコアは153.21、合計236.52。 中間マン


19番滑走路山本草太(中京大)

20歳。 今季は中部選手権西日本選手権優勝。 GPシリーズNHK杯は8位。 シニア転向後の負傷に悩まされたが、ジョンイルボンヌン7番目出展。 SPは山本のような繊細でエレガントな演技を見せて6位= 82.60

無料:ドラゴン

先頭の4回転サルコウを決定したが、以降のジャンプは安定せず、アイシングが乱れる場面も。 壮大な曲に乗せて情感たっぷりにゆっくりスケートを示し丁寧にスピンも決定した。

フリースコアは134.74、合計217.34。


第3グループの演技終了鞆が暫定トップ

18番滑走路鞆一樹(東大)

22歳。 今季はGPシリーズNHK杯2位、西日本選手権2位、近畿選手権優勝。 18年の世界選手権で5位に上がった。 最後疾走したSPは、キレのある段階でも見られ、7位= 81.72

無料:ミーシャか氏振付で、映画「ムーランルージュ」より

ジャンプで定義を流したが、特有の表現力でマクパンヌン気迫のステップを示した。 演技後の涙をにじませた。

フリースコアは141.44、合計223.16。 ミオラウル上回り、暫定マン


17番滑走路三宅星南(関西大学)

全日本ジュニア選手権大会3位。 今季はGPシリーズNHK杯9位。 SPは8位= 79.09

無料:幻想即興曲by F.ショパン

先頭の4回転サルコウは転倒。 ミスを起こさず、体を大きく使用段階などピアノに合わせて緩急をつけた柔らかい演技を見せた。

フリースコアは134.44、合計213.53。


16番滑走路島田高志郎(木下グループ)

19歳。 コーチはステファン・ランビエールさん。 仲間宇野昌磨一緒スイス練習拠点にしている。 シーズンが全日本選手権が最初のゲームとなる。 SPは情熱的な曲に合わせて表現豊かに演じて9位= 71.88

無料:ステファン・ランビエールさん振付でパガニーニの主題による狂詩曲

先頭の4回転サルコ成功。 アワビもあったが、流れを中断されることで、ゆったりとした曲調を長身を生かした表現力で滑りしまった。

フリースコアは149.06、合計220.94。


15番滑走路櫛田一樹(関西学院大)

21歳。 近畿選手権3位、西日本選手権8位。 SPは10位= 71.23

無料:映画「ミッション」より

最初にジャンプでミスが出てきた、最後の3連続ジャンプに成功。 フリースコアは113.58、合計184.81。


14番滑走路日野龍樹(中京大)

25歳。 中部選手権2位、西日本選手権5位。 昨年全日本選手権でもSPは最後の疾走。 SPは11位= 69.79

無料:映画「トゥルーマンショー」よりも「ピアノ協奏曲第2番by P.ガラス」

先頭の4回転ジャンプなどのミスがあったが、繊細で滑らかなスケーティングを示しスピンとステップなどでしっかりと見どころを作った。

フリースコアは132.34、合計202.13。


13番滑走路ホンダ太一(関西大学)

男フリーで演技するホンダ太一=長野ビッグハートから2020年12月26日(代表撮影)

女性の真の名、望結、紗来兄22歳。 今季最後の引退を表明している。 西日本選手権7位。 SPは会心の演技に涙を浮かべた。 SPは12位= 67.86

無料:映画「ショーシャンクの空に」より

すべてのトリプルアクセルは転倒したが、中盤の3連続ジャンプは成功。 最後歓声をかみしめるようにリンクを残しました。

フリースコアは110.01、合計177.87。


第2のグループの演技終了三浦が200点以上で暫定トップ

12回の滑走路三浦佳生(KOSE新横浜プリンスFSC)

初出場の15歳。 全日本ジュニア選手権2位。 東日本ジュニア選手権優勝。 GPシリーズNHK杯は6位。 SPは2つの4回転ジャンプに挑戦。 SPは13位= 67.61

無料:映画「ラストサムライ」より

スピードのある4回転ジャンプを3つ成功。 終盤まで停止せずに強力に演じきった。 終了後には、小さな勝利のポーズ。

フリースコアは153.65、合計221.26。 暫定1位を記録した。


11番滑走路ホンダルーカス武(木下アカデミー)

男フリーで演技する本田ルーカス武=長野ビッグハートから2020年12月26日(代表撮影)

18歳。 GPシリーズNHK杯は3位。 全日本ジュニア選手権優勝。 全日本選手権は2連連続出場。 NHK杯後「股関節の痛みがあって少し休んでから復帰後も痛みが出てきた」という中で全日本出場。 SPは14位= 67.52

無料:映画「007シリーズ」より

すべてのトリプルアクセルは転倒。 情緒的なボーカルパートは美しいスケートを見せた。 フリースコアは126.51、合計194.03。


10回の滑走路須本みつき(関西大学)

19歳。 近畿選手権2位、西日本選手権4位。 2017年全日本ジュニア選手権大会で獲得した。 SPは15位= 67.15

無料:映画「ミッション」より

すべてのトリプルアクセルは転倒。 連続ジャンプを後半に収集野心的なプログラムを特色伸びやかなスケーティングで滑りしまった。

フリースコアは126.22、合計193.37。


9番滑走路中野紘輔(飯塚フィギュアクラブ)

23歳。 四国九州選手権2位。 西日本選手権10位。 SPは16位= 66.47

無料:映画「シラノ・ド・ベルジュラック」より

最初の4回転ジャンプを成功させ、勝利のポーズ。 演技後は目頭を押さえて感激した。 フリースコアは120.59、合計187.06。


8回の滑走路森口澄士(木下アカデミー)

初出場の18歳。 西日本選手権6位。 シングルと並行して、ペアリングにも挑戦している。 SPは17位= 66.18

自由:「太陽のサーカス」より

鮮やかな緑の衣装で壮大な曲に合わせて力強くダイナミックに延期した。フリースコアは129.92、合計196.10。 現在最高。


7番滑走路中村俊輔(木下アカデミー)

初出場の15歳。 全日本ジュニア選手権6位。 SPは18位= 63.97

無料:月光

有名なスケーターが使用してきた難易度の高い曲でジャンプミスや終盤に疲れを見せたが、若々しく演じきった。

フリースコアは120.04、合計184.01。


第1のグループの演技終了

6回の滑走路小林諒真(ロースクール)

22歳。 東日本選手権5位。 SPは19位= 63.91

無料:Fix You byコールドプレイ

最初の4回転ジャンプに挑戦した。 終盤3連続ジャンプのタイミングが合わない。 それでも終始リンクを大きく使用情感あふれる演技した。

フリースコアは105.03、合計168.94。


5回滑走路長谷川一樹(ドキョイ過大)

初出場の19歳。 東日本選手権6位。 SPは20位= 63.59

無料:カサブランカ

大人っぽい雰囲気の曲を丁寧に演じきった。 フリースコアは111.65、合計175.24。


4回の滑走路大島光翔(埼玉アイスアリーナFC)

初出場の17歳。 東日本ジュニア選手権2位全日本ジュニア選手権5位。 SPは21位= 62.34

無料:映画「ボヘミアンラプソディ」より

クイーンの名曲のリズムに乗って長い手足を生かした段階会場の拍手を誘った。

フリースコアは116.11、合計178.45


3回の滑走路聞か雄登(関西大学)

19歳。 今季はGPシリーズNHK杯7位。 全日本ジュニア選手権大会4位。 SPは22位= 61.38

無料:ラプソディ・イン・ブルー

すべて、トリプルアクセルで連続ジャンプをきれいに成功した。 フリースコアは112.92、合計174.30。


2回滑走路小林ケント(ロースクール)

22歳。 東京選手権2位、東日本選手権4位。 SPは23位= 60.88

無料:映画「パイレーツオブカリビアン」より

最後の3連続ジャンプをしっかりとしている。 フリースコアは111.53、合計172.41。


1番滑走路国方ゆき(日本の大学)

2年連続出場の19歳。 SP母24位= 60.08

無料:映画「ムーランルージュ」より「ロクサーヌのタンゴ」

初めてトリプルアクセルに挑戦した。 フリースコアは99.21合計159.29。


SPは羽生が100点以上リード発進

フィギュアスケート全日本選手権は25日、長野市ビッグハットで男子ショートプログラム(SP)が行われた五輪2連覇中の羽生結弦(ANA)が103.53点で首位発進した。 17歳の鍵山優真(神奈川星槎国際高横浜)が98.60点で2位。 大会5連覇を目指し宇野昌磨(トヨタ自動車)は94.22点で3位だった。 無料26日に開かれる。

READ  ジェンソン・バトン「マックスフェルースタトペᆫメイトを滅ぼす "/レッドブルホンダF1[F1-Gate.com]


男SP順位(5位まで)

ランク 得点 技術のポイント 煙構成点(減点)
1位羽生結弦 103.53 56.21 47.32(0.00)
2位鍵山優真 98.60 56.04 42.56(0.00)
3位宇野昌磨 94.22 49.08 46.14(1.00)
4犯罪者田中 83.61 42.90 40.71(0.00)
5位佐藤駿 83.31 46.34 36.97(0.00)

[사진으로되돌아보는남자SP】하뉴는잠금

여자 SP 상세한보고 紀平, 사카모토 부활 미하라는

[사진으로 되돌아 보는 여자 SP]紀平片手で…

女性フリーも速報27日午後5時〜


男フリー地球順

1番滑走路国方ゆき(SP24位= 60.08)
2回滑走路小林ケント(SP23位= 60.88)
3回の滑走路聞か雄登(SP22位= 61.38)
4回の滑走路大島光翔(SP21位= 62.34)
5回滑走路長谷川一樹(SP20位= 63.59)
6回の滑走路小林諒真(SP19位= 63.91)
7番滑走路中村俊輔(SP18位= 63.97)
8回の滑走路森口澄士(SP17位= 66.18)
9番滑走路中野紘輔(SP16位= 66.47)
洲本みつき(SP15ランク= 67.15)
11番滑走路ホンダルーカス武(SP14位= 67.52)
12回の滑走路三浦佳生(SP13位= 67.61)
13番滑走路ホンダ太一(SP12位= 67.86)
14番滑走路日野龍樹(SP11位= 69.79)
15番滑走路櫛田一樹(SP10位= 71.23)
16番滑走路島田高志郎(SP9位= 71.88)
17番滑走路三宅星南(SP8位= 79.09)
18番滑走路鞆一樹(SP7位= 81.72)
19番滑走路山本草太(SP6位= 82.60)
20回の滑走路佐藤駿(SP5位= 83.31)
21番滑走路田中刑事(SP4位= 83.61)
22番滑走路宇野昌磨(SP3位= 94.22)
23番滑走路鍵山優真(SP2位= 98.60)
24番滑走路羽生結弦(SP1位= 103.53)

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close