スポーツ

全豪オープン:ナオミ大阪、3ラウンド進出

日本のテニス選手ナオミ大阪は水曜日、フランスのキャロライン・ガルシアを相手に快適な勝利を収めた後、進行中の全豪オープン3回戦に出場しました。 第三シードを受けた大阪は、最初の試合で三つのエースを帯び第二に一つずつティー下でサーブをすることで、雰囲気を造成しました。 大阪は61分間の試合でガルシアを2セット連続(6-2、6-3)で下した。

大阪は、月曜日、ロシアのアナスタシアパヴェルリュチェンコバを6-1、6-2の連続セットで破り、1ラウンドの試合を終えた。 この日初め、米国のテニスのスターであるセリーナ・ウィリアムズは、2ラウンドの試合で勝利を収めながらトーナメント3回戦に進出しました。

Williamsは第二ラウンドでセルビアNina Stojanovicを6-3、6-0で凌ぐしやすいストレートセット勝利を仕上げました。 39歳の彼は、暫定的でなかった彼女は、相手が優位を占めないようにしながら、最初からゲームを開始しました。

また、世界1位のノバク・ジョコビッチとUSオープンチャンピオンのドミニクチエムが、水曜日のオーストラリアオープン第3ラウンドに進出しました。 Djokovicは、米国のFrances Tiafoeを6-3、6-7、7-6(2)、6-3で圧倒してRod Laver Arenaから2ラウンドの試合で勝利しThiemは、ドイツのDominik Koepferを3セット連続6 4、6で勝利。 -0、6-2 1時間39分。 (ANI)

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  マイアミ準々決勝で使用カリに詰まった大阪の連続

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close