スポーツ

全豪オープン2021:日本のKei Nishikoriが開幕戦でPablo Carreno-Bustaによって脱落したにもかかわらず、「一種の幸福」

ランキング41位下落メルボルンパークで4回ベスト8に進出した錦織は、スペインのパブロカレーノ – バス乗り7-5、7-6(7/4)、6-2に遅れた。

全豪オープンで活動中のKei Nishikori。 AP

メルボルン: 日本の先鋒であるKei Nishikoriは2019年月曜日肘の手術の後、最高のテニスを行ったと感じたまだオーストラリアオープンで1回戦負けを防ぐには、十分ではないでした。

ランキング41位下落メルボルンパークで4回ベスト8に進出した錦織は、スペインのパブロカレーノ – バス乗り7-5、7-6(7/4)、6-2に遅れた。

今健康、健康になったが31歳、今年のオープニンググランドスラムで良い姿を見せるの望ん、トップ10に復帰するために努力しました。 彼は2015年に通算最高4位に上がりました。 。

「私はよく走っていると思ったので大変でしたが、今日はCarrenoがよく走っていた」との負傷から回復しつつ、昨シーズンのほとんどを逃したNishikoriは言った。

“私はかなり高いレベルに走っていると考えた。私は戻ってきた後、昨年を含めて、これまでの最高のテニスの一つだと考えている。

「私はこのレベルでプレーする方式が少し幸せだったが、まだこの人を倒すのに十分ませんでした。」

Carreno Bustaは、ATPカップでしっかりとした準備を終えた後、衝突に突入しました。

別のスペインの出身であるペドロ・マルティネスは、西岡克人を6-7(3/7)、6-1、6-1、6-1で下し、日本2位のキャンペーンを終えて、日本に多くの悲惨さを抱かしました。

初年度には、$ 499にMoneycontrol Proを購読してください。 コードPRO499を使用してください。 期間限定提供される。 * T&C適用

READ  巨人戸郷9回裏2死から同点ゴール受け最初完封逃す/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close