公立学校の学生、教育旅行で日本を訪問

1 min read

エロード区ベリシルプールにある公立高校12年生の学生K.ゴピカスリは、最近教育旅行のために日本を訪問した全国の学生21人のうちの1人でした。

日本科学技術庁(JST)は、連合教育部傘下の学校教育および文解部(DoSEL)と協力して学生の科学的探求を促進するために、桜科学プログラム(SSP)の一環としてツアーを組織しました。

全国のKasturba Gandhi Balika Vidyalaya(KGBV)、Nethaji Subhash Chandra Bose Residential Schools、Kendriya Vidyalaya Sangathan(KVS)学校で生物学と数学を専攻する学生が訪問の対象に選ばれました。

以前、Ammapettai UnionのMukasipudurにある公立高校で勉強し、KGBV Girls' Hostelに滞在したGopikasriは、2022年から23年生の10年生のボードテストで500点満点で476点を獲得しました。 これは44年間の学生の中で最高のスコアです。 州のKGBVホステル。 彼女は州で選ばれた3人の学生のうちの1人で、残りの2人はSalemとKrishnagiriから選ばれました。

6月15日デリーでオリエンテーションプログラムを終えた後、学生は7月16日から22日までモルディブ、ベトナム、台湾、カザフスタンの同僚と一緒に日本を訪問しました。 彼らは日本の高度な科学技術、文化を体験し、自動車製造施設、高校、博物館、鉄道公園を訪れ、高速列車に乗って旅行しました。 デリー訪問はSarva Shiksha Abhiyan(SSA)の州プロジェクト理事局によって調整されました。

自分の経験を共有しながら、ゴピカスリは名古屋大学を訪問しながら、教室で革新的な教授法とインタラクティブなアプローチを観察したと述べた。

木曜日にコレクターRaja Gopal SunkaraはErode Collectorateで彼女を喜ばせました。

この記事は、購読者にのみ提供されるプレミアム記事です。 毎月250以上のプレミアム記事を読むには

無料記事限度をすべて使い果たしました。 良質のジャーナリズムを支持してください。

無料記事制限がなくなりました。 良質のジャーナリズムを支援してください。

これが最後の無料記事です。

READ  Atomic Armor for Next-Generation, Electron-Beam Accelerators
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours