技術

共同責任と排出削減目標

国連気候変動協約締約国総会(COP)は、もともと1992年に設立された同名の枠組みから始まり、1995年から毎年開催されています。 1997年のCOP3で採択された京都議定書と2015年のCOP21で採択されたパリ協定は、参加国が排出量削減目標を設定しました。 例えば、パリ協定により、日本は2030年までに2013年比46%の排出量を削減し、2050年までに炭素中立を達成することを目指しています。 このような排出量削減は日本の排出量にのみ適用されるため、海外の日本企業の排出量は影響を受けません。 計算。

これらの削減目標の正確な仕様に対する批判は、先進国が自国の排出量削減に関する明確な目標を達成するために、国内排出源から新興国および発展途上国に排出量を移転していることである。 したがって、一部の研究者は、生産者の観点から排出量を測定する従来の「生産者責任」(PR)基準よりも、消費者の観点から排出量を測定する「消費者責任」(CR)基準を設定することを推奨しています。 (Eder and Narodoslawsky 1999, Ahmad and Wyckoff 2003, Bastianoni et al. 2004, Andrew and Forgie 2008, Peters and Hertwich 2008, Davis and Caldeira 2010). しかし、CR標準に問題がないわけではありません。 この基準によれば、輸出企業は製品消費者が異なる地域にあり、輸入業者の場合、企業の生産による排出量を海外に制限することが困難であるため、生産国の排出量の減少に対するインセンティブが制限されています。 これらの問題を解決するために、「共有責任」(SR)規格として知られているPRおよびCR測定を組み合わせたハイブリッド法が考案され、生産者と消費者の観点の両方で排出量を測定します(Ferng 2003、Bastianoni et al。2004、GallegoおよびLenzen 2005, Wiedmann and Lenzen 2006, Lenzen et al. 2007, Peters 2008, Cadarso et al. 2012, Zhu et al. 2018, Piñero et al. 2019, Xu et al. 緩やかに言えば、平均であるため、生産者と消費者がそれぞれ発生するCO2排出量の重みを決定するために使用される方法が重要です。など、さまざまなアプローチを提供します。

私たちの研究(Airebule et al。2021)では、世界で最も炭素排出量が高い5カ国(中国、アメリカ、インド、ロシア、日本)のSR規格で測定された排出量を導き出し、分析します。 国レベルおよび56部門レベルで。 我々は、文献で以前に確立された入出力テーブルを使用して開始します。 本明細書における加重平均の重みは加算値に比例する。 その後、私たちは以前の研究とは異なり、マルチリージョン入出力モデル(MRIO)を使用する新しいより現実的な誘導を採用します。 そのために、2016年に発表されたWIOD(World Input-Output Database)とその環境アカウントのデータを使用します。

5カ国のPR、CR、SR基準を用いて、2002~2014年の排出量を国(表1)と部門別に分析し、以下の結果を得た。

1) 中国、インド、ロシアでは、PR基準で測定した排出量がCR基準で測定した排出量を超え、逆に米国と日本ではCRで測定した排出量がPRで測定した排出量を超えています。 (図1および表1参照)。 これは、各国のSR測定排出量に対する3つの出所(内需、輸出および輸入)の寄与率によって反映される国際貿易パターンと一致しています(図2参照)。

図1 生産者、消費者、各経済に対する責任分担(CO2 百万トン)

図2 2014年各国の共同責任の3つの要素

1番テーブル 異なる原則による各経済の世界的な炭素排出量の貢献

2) 研究期間中、中国とインドの排出量は、SRベースで評価した場合、それぞれ157%と116%増加しました。 (図1参照)。 中国では、これらの排出量の増加は主に全体的な経済成長、特に輸出成長によって主導されていますが、インドの炭素集約的な生産技術によって主導されています。

三) 2014年中国のSR測定排出量に貢献した主要輸出先はEU、米国、日本であり、EUはロシアのSR測定排出量に寄与する輸出先の大部分を占めています。 米国と日本のSR測定排出量に貢献する主な輸入先は、EU、カナダ、中国、メキシコです。 中国、欧州連合、米国、韓国がそれぞれ。 これは、米国と日本でこれらの国々で炭素漏れが発生していることを示唆しています。

4) 「電気、ガス、蒸気および空調供給」部門の排出量は、5カ国すべてで断然最大です。、SR測定排出量の40%以上を占めます。 その部門では、次の特性が観察されます。 生産量と炭素集約度が高く、排出に貢献します。 さらに、中国は輸出貢献度が大きいが、米国は輸入貢献度が大きいことが分かる。 インドの炭素集約度は5カ国の中で断然最高です。

5)「基礎金属製造」、「その他非金属鉱物製品製造」、「化学および化学製品製造」、「電気、ガス、蒸気および空調供給」の3部門を合わせれば、60%以上生成5カ国すべてでSR測定排出量の割合(表2を参照)。

表2 2014年各国の責任分担が最も多い上位7部門

従来の研究では、入出力テーブルの特性のために家庭消費による排出量が含まれていないことに注意することが重要です。 これは、家庭消費から排出を除外する我々の分析においても同様である。 しかし、家計消費を含むことは、比較的高い排出量シェアを持つ米国の場合を除き、主要な結論にほとんど影響を与えません。

我々の研究は、将来の炭素排出削減の責任を適切に割り当てる方法に関する重要な質問を提起する。 私たちの分析は、排出量がSR規格によって測定されたときに米国と日本が排出量削減努力を増やす必要があることを示しています。 SR標準を確立して普及させることで、追加の利点があります。 1つの可能な効果は、先進国から発展途上国への排出削減技術のより大きな移行です。

著者:このコラムの基礎となった研究は、最初に次のようになりました。 ディスカッション用紙 日本経済通常産業研究所(RIETI)の。

参考文献

Ahmad、N and A Wyckoff(2003)、「国際商品貿易で実施された二酸化炭素排出量」、経済協力開発機構。

Airebule、P、H Cheng、およびJ Ishikawa(2021)、共同責任に基づく国際貿易で実施された炭素排出量の評価」、ディスカッションシリーズ21-E-099、RIETI.

Andrew、R and V Forgie(2008)、「ニュージーランドの温室効果ガス排出責任に関する3つの視点」、 生態経済学 68(1-2):194-204。

Bastianoni、S、FM Pulselli、およびE Tiezzi(2004)、「温室効果ガス排出に対する責任割り当ての問題」、 生態経済学 49(3):253-257。

Cadarso、M Á、LA L​​ópez、N Gómez、およびM Á Tobarra(2012)、「部門別の国際貿易と共有環境責任。 スペイン経済に適用」 生態経済学 83:221-235。

Davis、SJ、K Caldeira(2010)、「CO2排出量の消費ベース会計」、 国立科学院会報 107(12):5687-5692。

Eder、P、M Narodoslawsky(1999)、「地域の産業はどのような環境圧力に責任がありますか? 技術指標と入出力モデルを用いた分析方法 生態経済学 29(3):359-374。

Ferng, JJ(2003), 「利益原則と生態学的欠乏の観点からCO2過剰排出に対する責任の割り当て」, 生態経済学 46(1):121-141。

Gallego、BおよびM Lenzen(2005)、「共有された生産者および消費者責任の一貫した入力 – 出力式」、 経済システム研究 17(4):365-391。

Lenzen、M、J Murray、F Sack、T Wiedmann(2007)、「生産者と消費者の責任の共有 – 理論と実践」、 生態経済学 61(1):27-42。

Peters、GP(2008)、「生産ベースから消費ベースの国家排出インベントリへ」、 生態経済学 65(1):13-23。

Peters、GPおよびEG Hertwich(2006)、「貿易に実装された汚染:ノルウェーのケース」、 地球環境の変化 16(4):379-387。

Piñero、P、M Bruckner、H Wieland、E Pongrácz、S Giljum(2019)、「グローバルバリューチェーンの原材料ベース:バリュー生成に基づく環境責任の割り当て」、 経済システム研究 31(2): 206-227。

Wiedmann、TおよびM Lenzen(2006)、「Supply Chains-A New Life-Cycle Approach and Software Tool for Triple-Bottom-Line Accounting」、アイルランド・トリニティ・カレッジ・ダブリンの企業責任研究カンファレンスで発表された論文。

Xu、X、Q Wang、C Ran、M Mu(2021)、「負担責任はもっと効果的ですか? 世界中の炭素排出量を追跡する付加価値方法」、 生態経済学 181:106889。

Zhu、Y、Y Shi、J Wu、L Wu、W Xiong(2018)、「国際貿易で具体化されたCO 2排出量の特性と責任の公正な分担の調査」、 生態経済学 146:574-587。

READ  ソニー、Suicaに対応した第3世代のスマートウォッチ」wena 3 " - AV Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close