経済

共同通信ダイジェスト:2021年7月22日

以下は、共同通信が選ん最新ニュースの要約リストです。

———-

日本のソフトボール優勝で五輪種目が始まり、開催国の地位が高まりました。

福島、日本の – 1年の間にコロナ19遅れの後に東京オリンピック大会が水曜日福島から日本とオーストラリアとの間のソフトボール競技の最初の市区にほとんど起きていないゲームの開始を知らせる市区を開始しました。

開催国は、2011年の地震 – 津波 – 原子力災害から地域の回復を示すための試合でもでき北にある福島東競技場で8-1で勝利した試合で高いホームラン3本を記録して始めることができました。

———-

日米韓・日、北朝鮮の核問題の協力強化することで合意

東京 – 日本、アメリカ、韓国の高位外交部が水曜日に北朝鮮の完全かつ不可逆的な非核化を達成するために、3カ国の協力を深めることで合意したと、日本外務省が明らかにした。

外交部と米国務省によると、外交部は、東京会談で、中国本土が領有権を主張する台湾海峡を横切って、平和と安定を維持することが重要であることを確認しながら東シナ海と南シナ海の現状を変えようとする試みを糾弾した。 学科。

———-

美夫人、東京オリンピック参加のために3日、日本を訪問

米国大統領夫人質バイデン氏が東京オリンピックの開会式に出席するために木曜日から3日間、日本を訪問し、米国の選手たちとオリンピックの「最高レベルのサポート」を示すことを希望すると、ホワイトハウスが明らかにした。

ホワイトハウスは、コロナ19ファンデミクへの懸念が相変わらずのうち普及した、選手、代表団の安全のために、日本政府とオリンピック組織委員会が定めた「厳密なプロトコルと予防措置」に従うものとホワイトハウスが水曜日発表した。 70歳の祖母の夫ジョー・バイデン、大統領就任後初の単独海外旅行。

———-

オリンピック女子サッカー開幕戦、日本、カナダ1-1の引き分け

札幌 – 日本は水曜日、東京オリンピック女子サッカー大会の開幕戦で、カナダと1-1で引き分けた。

なでしこジャパンは前半84分、アーセナルのストライカー岩渕が長谷川唯のロングボールをつなげて、2人のディフェンダーを別れる得点しながら得点を共有した。

———-

ペルー、環太平洋貿易協定批准8番目の国

日本政府が、ペルーが10カ国が参加する画期的なFTAである環太平洋経済連携協定(Trans-Pacific Partnership)を8番目に批准した。

西村安豊島、日本経済の活性化相の記者会見で、南米諸国が国内批准手続きを終えTPP受託国ニュージーランド9月中旬発酵を目指し通知したと発表した。

———-

2位米国の外交官シャーマン、孫文の中国訪問の緊張の中で

ワシントン – ウェンディ・シャーマン(Wendy Sherman)国務副長官が日曜日から中国を訪問して、王が(王毅)外交部長をはじめとするいくつかの人々との会談を持つ予定だと国務省が明らかにした。

現在進行中のアジア歴訪の一環として行われるシャーマンの二日間の天津旅行は、両国間の競争が激化する中でバイデン米大統領と習近平中国国家主席の潜在的な対面首脳会談のための基礎になることがあります。 実現すれば、1月バイデン前副大統領が執権した後、両首脳が直接会うのは初めてだ。

———-

専門家は、オリンピック期間中、東京で「深刻な」COVID急増を警告します。

東京 – 保健専門家は、水曜日に東京で「危機的な「コロナウイルスの状況が発生する可能性があると警告して東京の毎日の感染者がオリンピック期間の8月初めに約2,600人の記録を立てることができると推定しました。

大都市政府は同日1,832人の新しいCOVID-19の事例を見ており、これは、1月中旬以降、最も高い数値です。

———-

頭を失った日本のウガンダの選手、家に帰る

OSAKA – 先週、日本西部で開かれたオリンピックの予備のトレーニングキャンプで行方不明になったウガンダの選手が水曜日遅く発見され、故国に帰りと管理が言いました。

トレーニングキャンプを主催した泉佐野市長は記者会見で、Julius Ssekitolekoが午前に日本に滞在したいという希望を表明したが、後の代表団長との会議の後、ウガンダに戻ることを確信したました。

———-

国境管理持続的に6月に日本訪問99.7%減少

東京 – 6月に日本を訪れた外国人観光客の数は伝染性が強いコロナウイルスの亜種の拡散を防止するための旅行制限強化のため、2019年の同じ月より99.7%減少したと政府のデータが水曜日を示した。

日本政府観光局によると、この数字は見月に9,300人で、4ヶ月ぶりに10,000人の下に落ちた。

———-

千年ぶりに大雨で、中国河南省少なくとも25人が死亡

北京 – 中国の中部河南(河南)省成鄭州で記録的な豪雨で少なくとも25人が死亡したと中国メディアが水曜日報道し、現地の気象当局が千年ぶりに降った大雨で記録したと報道した。

公式中国グローバルテレビネットワーク(China Global Television Network)は、10万人を超える人々が避難しており、救助作業が性全域で続いていると伝えた。 中国メディアは25人のうち12人が都市の地下鉄の洪水で死亡したと伝えた。

READ  iPhone 12 Pro Maxのカメラは、他のと何が違うの写真を撮りながら検証してみる - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close