エンターテインメント

兵士の音楽との縁で日本のジャズバンドとの公演シーン記事







5月3日、日本キャンプジャマ近くのハーモニーホールジャマで行われたZAMA Big Band Jazz Orchestraと2時間のコンサートで日本米陸軍に割り当てられた最高令状責任者Jay Clemonsがアップライトベースでソロを演奏しています。 Clemonsは1997年にジャマ市で結成されたZAMA Big Band Jazz Orchestraの現在のアメリカ人4人のうちの1人です。
(写真提供:工藤則子、米陸軍日本公報室)

オリジナルを見る

CAMP ZAMA, 日本 – 生涯Jay Clemonsと音楽は離さなければ離せない関係でした。

日本米陸軍に配属された令状実装のClemonsは、中学校と高校で自称「バンドオタク」でした。 大学で音楽を専攻し、音楽教育学の学士号を取得し、軍入隊前3年間公立学校のバンド監督として働いた。

彼は、予備役、請負業者、現役兵士として海軍と陸軍で働いている間、音楽への愛を止めませんでした。 長年にわたり、彼は教会バンドと一緒にエレクトリックベースを演奏し、ミュージカルシアターや他のライブエンターテイメントなどのプロのパフォーマンスでも演奏してきました。

クレモンズは、軍事任務の性質上、交代勤務と予期せぬ任務が頻繁に必要なため、音楽と軍服務が時々相反すると言います。 しかし、彼はいつも音楽とパフォーマンスへの接続を維持する方法を探していると言います。 これには、日本の海外派遣期間も含まれます。

2019年8月にキャンプジャマに到着した直後、Clemonsは日本料理の食事や軽食を提供する居酒屋でトロンボーンケースを持っている2人のアメリカ人の顧客を見ました。 彼は彼らと会話を始め、両方とも引退した軍隊であり、Camp ZamaのUSARJバンドの元メンバーであり、現在は偶然にベーシストを募集することになった地域日本ジャズバンドに属していることを知りました。

Clemonsは、ジャズがすべての音楽スタイルの中で最も楽しく創造的であるため、演奏するのが好きなジャンルであると言います。 だから彼は提案を受け入れ、すぐにバンドにメンバーとして追加されました。

Clemons氏は、「この演奏が本来整列する可能性は天文学的に希薄である」と述べた。 「神は私を見つけました。」




兵士の音楽とのつながりで日本ジャズバンドと公演席



5月3日、日本キャンプジャマ近くのハーモニーホールジャマで行われたZAMA Big Band Jazz Orchestraと2時間のコンサートで、日本米陸軍に配属された最高令状責任者Jay Clemons(左)がアップライトベースでソロを演奏しています。 Clemonsは1997年にジャマ市で結成されたZAMA Big Band Jazz Orchestraの現在のアメリカ人4人のうちの1人です。
(写真提供:工藤則子、米陸軍日本公報室)

オリジナルを見る

ZAMA Big Band Jazz Orchestraは1997年、ジャマ市で「アマチュア市民バンド」として結成され、バンドリーダーのYasuo Shimizuはバンドウェブサイトの引用で「地域社会の和合に貢献」をモットーとして明らかにしました。

2014年、バンドはCamp ZamaのUSARJバンドとの交流を開始し、Atsugi Jazz Festivalのようなイベントでいくつかの共同コンサートと共演しました。 3年後、Clemonsが出会った2人のトロンボーン奏者と3人目の陸軍退役者で、元USARJバンドメンバーと一緒にバンドに加わり、それ以来アメリカと日本が結合されたグループになりました。

Clemonsは、最近、Camp Zamaの近くのHarmony Hall Zamaで5月3日に2時間のコンサートでバンドで演奏しました。

その夜、クレモンズは、観客からエネルギーと観客の前でライブ音楽を演奏できるという結びつきを感じたと語った。

「コンサートはファンタスティックだった」とClemonsは言った。 「私が聞いたフィードバックは本当に肯定的でした。」

清水は今回のコンサートがCOVID-19大流行のため、2年ぶりに初めて観客の前で公演できるようになっただけでもコンサートが最も成功したと話した。 彼はバンドの一員としてアメリカ人メンバーを持つことを楽しむと言った。

清水は「アメリカのミュージシャンを持つことで、私たちのバンドや音楽に多様性と国際的なダイナミズムを与えます」と語った。

ハーモニーホールジャマでのコンサートはクレモンズが夏に日本を去る予定だったので、バンドメンバーとして最後だった。 清水は彼の友人が音楽を通して彼と結束した後に去るのを見て悲しいが、彼が去る前にバンドで彼を置き換える人を募集するというクレモンズの約束にも嬉しかったと話した。

「私たちは私たちのバンドとキャンプ・ザマのコミュニティとの関係を維持することを嬉しく思います」とShimizuは言いました。

Clemonsは、バンドと一緒に練習して演奏し、仲間のメンバーを知ることが日本との強い絆を形成するのに役立ったと語った。 彼は、音楽が自分と他のメンバーの両方が芸術への共通の愛を介して同一視し、つなぐことができる創造的な出口を提供すると言ったので、言語バリアでさえ彼がバンドで過ごした時間の楽しさに影響を与えませんでした。

「音楽を演奏するのは私の人生の大部分です」とClemonsは言いました。 「ミュージシャンになるのはアイデンティティです」

READ  日本の浜口の村上脚色、カーン賞を競うである

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close