内閣府は日本経済萎縮が予想より狭いと明らかにした。

1 min read

日本経済は回復の兆しが予想より狭く、日本銀行(BOJ)が次の金利引き上げ時期を注視している中、政策立案者の間で警戒し続ける理由が十分でした。

昨日、日本の内閣府は、予備データで報告された2%後退と比較して、3月まで3ヶ月間、年間GDPが1.8%減少したと明らかにした。

経済学者は、更新された数値が変わらないと予測しました。

写真:EPA-EFE

消費者と企業は支出を減らしており、インフレ傾向が引き続き実質的な支出を圧迫するにつれて、販売されていない物品が倉庫棚に積まれていることがデータに現れました。

「データは消費の弱点を確認しました。 耐久財への支出が弱いという分析結果が現れた。 大和証券エコノミスト末広と言った。 「BOJは経済について慎重にするしかありません。」

個人消費データはマイナス0.7%に変わらず、第4四半期減少傾向を示し、企業支出数値は予備0.8%減少からマイナス0.4%に修正されました。

在庫は成長に0.3%ポイントを追加しましたが、純輸出は経済へのやや大きな負担を反映するように調整されました。

今四半期には、東京北西部の旧正月地震など、一回限りの要因の影響から経済が回復し、成長の反騰が予想されます。

認証スキャンダルによる自動車生産の中断も成長に負担を与えた。 その後、生産量は回復しましたが、新しいスキャンダルが今四半期に影響を与える可能性があります。

見通しのリスク要因の1つは、政府が補助金を段階的に廃止するにつれて、家計の公益事業の費用が増加すると予想されることです。

一方、労働者の実質賃金は2年以上下落し、固定収入を受けた退職者は、BOJの目標である2%以上のインフレに対処しながら、より大きな打撃を受けました。

円安による輸入コストの増加により、食品およびエネルギー価格がさらに上昇する可能性があります。

しかし、アナリストらは、年間賃金交渉により大企業が給与を5%以上引き上げるという約束をした後、インフレを勘案した実質賃金が今後数カ月以内にプラスに転換すると予想しています。

円安は経済にプラスの影響を与え、海外企業の業績とインバウンド観光を促進する。

BOJは去る3月の歴史的な金利引き上げ以後、引き続き政策を正常化しているため、早ければ今週から国債買収縮小について議論するものと見られると、この問題に精通した消息筋が語った。

経済学者は、中央銀行が金曜日に終わる2日間の会議で基準金利を安定的に維持すると予想しており、多くの人々は10月までに金利を引き上げると予想しています。

コメントが確認されます。 記事に関するコメントを維持してください。 悪口、わいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、プロモーションを含むコメントは削除され、ユーザーがブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  日本経済に害を及ぼすトランプの復帰:アメリカの政治科学者
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours