円が2週間最高値を記録し、日本銀行が金利を引き上げることもできる。

Estimated read time 1 min read

上田和雄日本銀行総裁は景気減速の可能性を示唆した。 インフレ 今後数ヶ月以内に。 彼の発言は投資家と経済学者の間で推測を呼び起こし、多くの人々は今後数ヶ月以内に別の金利を上げることを期待しています。

インフレが加速する可能性がある時期に対する上田首相の言及は、日本の2年満期債権利回りを10年ぶりに最高水準に引き上げました。 このような急騰は、円が最近34年の最低値で反騰するのに役立ちました。 さらに、これは通貨の弱さの経済的波及効果を懸念する政策立案者にある程度安心感を提供しました。

さらに、上田総裁は、相当な為替レートの変動がインフレと賃金に影響を及ぼす場合、日本銀行が通貨政策で対応する準備ができていることを強調しました。 この声明は、円の急激な下落が次の金利引き上げの時期に影響を与える可能性があることを示唆しています。

上田首相の発言は、日本銀行がインフレ目標2%達成に対する自信を強調したことです。 彼は、この目標の持続可能で安定した達成がますます近づいていると述べた。 これはまた、金利調整の可能性に関する強力な根拠を提供します。

読書:クリスタリナ・ゲオルギエバがIMFガバナーとして唯一の2番目の任期候補に選ばれました。

市場反応

上田首相の発言に続き、鈴木純一日本財務上も為替変動について新たな警告を出した。 彼は、過剰な円の価値の下落問題を解決するためにすべてのオプションを探すことを意図した。 円が2週間で最高値を記録し、2年満期の国債収益率が13年ぶりに最高値の0.21%まで上がるなど市場反応が早かった。

アナリストらは日本銀行が秋まで金利をもう一度引き上げることが現実的なシナリオになっていると示唆しており、一部では早ければ7~9月に金利を引き上げる可能性も提起しています。 しかし、上田首相は、金利に関するすべての決定は、データと持続可能なインフレ達成に向けた日本の進展にかかっていると警告した。

最近のロイター世論調査によると、経済学者の50%以上が今年もう一度の金利引き上げを予想していることがわかりました。 10~12月が時期的に最も人気のあるベットとして登場しました。

以後、指標は消費と生産量の弱化で登落を重ねた。 しかし、賃金の見通しは改善され続けている。 これに日本企業は今年賃金を5.24%引き上げることに合意した。 これは33年ぶりに最高値だ。

今週の報告書では、日本銀行は、賃金の引き上げには日本地域の小規模企業も含まれていると述べた。 これにより企業は人件費に対応するために価格を引き上げることになった。

円の逆風に加え、日本経済の健全性を測定する指数が本日2カ月連続で下落しました。 これは、成長が頂点に達し、現在の工場生産量の減少により下落傾向に向かっていることを意味します。

経済に関するその他のニュースを見るにはクリックしてください。 ここ

READ  東アジアの包括的な地域安全保障の約束
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours