円の価値が38年ぶりに最低値を記録し、日本は新しいFX外交官を任命しました。

1 min read

日本は円がドル貨比38年ぶりに最低値を記録し、打撃を受けた通貨を裏付けるための日本の市場介入が差し迫ったという期待感を高めるため、金曜日に新しい最高外国為替外交官を任命しました。

金融規制分野の専門家である敦志村は、今年の歴代最大規模の円の買収介入を開始し、投機者が日本の通貨価値を過度に落とさないように積極的に圧迫した正人神田に代わる。

このような変化は毎年実施される定期人事改編の一環であるが、これは、輸入費用を引き上げ、家計や企業に苦しみを加重させる円安の下落を阻止しようとする日本の決議を市場が試す中である。

熊野秀夫第一生命研究所首席エコノミストは「神田は当局が一日中いつでも介入を待っているという彼の発言を見ると攻撃的な人と見られる」と話した。 通貨ポリシー。

「しかし、彼の後任者が政策をどのようにコントロールするかを見るまでは、言うのは難しいです。 全体的に見ると、大きな政策の方向は大きく変わりそうではありません。

日本の管理者は金曜日に円が1ドルあたり161円を突破しながら警告を重ねました。 これは、4月末と5月初めに行われた最後の介入を引き起こしたレベルよりはるかに低いです。

金融大臣の鈴木俊一氏は、金曜日の記者会見で「外国為替市場の過度の変動性は望ましくない」と述べ、当局はこの動きに「適切に対応する」と付け加えた。

彼はまた、当局が、円の「迅速で一方的な」動きが経済に与える影響について「深く懸念している」と述べた。

日本当局は、トレーダーが日本と米国の金利差に焦点を当て、円の急激な下落を防ぐという新しい圧力に直面しています。

円安は日本の輸出業者にとっては大きな助けになりますが、輸入コストが増加し、インフレ圧力が大きくなり、家計が圧迫されるため、政策立案者には苦手な問題です。

3年間外国為替外交官を務めた神田の指揮のもと、東京は4月29日に日本通貨がドル当たり160.245で34年ぶりに最低値を記録した後、4月末と5月初めに外国為替市場に介入するのに9.8兆円( 608億5000万ドル)を使用しました。

金曜日に、円の価値は1ドルあたり161.27を記録しました。これは、市場のボラティリティを高めることができる米国の重要なインフレデータが今日遅く発表される前に、1986年以来最も弱い数値です。

市場参加者は、当局の次の目標が164.50付近にあると見ています。

三菱UFJモーガン・スタンレー証券の上級外国為替戦略家である上野大作は「当局が円がその限界を超えないようにしたいなら、通貨がその水準に達する前に介入する可能性が高い」と話した。

新しい外交官

三村首相の任命は、7月25日からリオデジャネイロで開かれるG20財務長官および中央銀行総裁会議の後、7月31日に発効する予定だ。

しかし、通貨政策に対する彼の立場については知られていることはほとんどない。 現在、外務省国際局長である57歳の彼は、国際部財務次官になる予定だ。 この席は日本の金融政策を監督し、他国との経済政策を調整する席だ。

35年の政府のキャリアのうち、ほぼ3分の1を日本の銀行規制機関から送り出したMimuraは、金融規制分野で専門知識と国際的な絆関係を保有しています。

バーゼルの国際決済銀行で3年間勤務している間、Mimuraは2008年から2009年までのグローバル金融危機中に金融規制と監督を改革するための金融安定委員会を設立するのに役立ちました。

彼は財務省から国営銀行の範囲を拡大し、日本サプライチェーンの中核外国企業が銀行融資を受けられるようにするため、昨年日本国際協力銀行法改正作業に参加しました。

三村はまた、2020年の外国人所有規則の改正に関する情報を外国人投資家にブリーフィングした政府チームの一員として、より厳しい規則が日本の外国人投資を抑制するためのものだという考えを払拭させました。

READ  日本、津波と原発惨事12周年
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours