円は金利引き上げにもかかわらず、34年ぶりに最低値に急落

Estimated read time 1 min read

日本銀行(BoJ) 金利引き上げ 3月19日、17年ぶりにマイナス金利時代が終わった。 基準金利は-0.1%から0~0.1%に引き上げられました。 これは、数十年間の緩やかで失敗した金融政策の後に緊縮を提供するためのトークン的な努力でした。

これらの調整にもかかわらず、日本は依然として世界で最も低い金利を誇る主要経済国です。 私の考えでは、今回の措置は日本の通貨政策ジレンマを終わらせるためのものではありません。 代わりに、これは米ドルを支える中央銀行の役割を識別します。

マイナス金利は、金利を下げると成長率が高くなるという考えに基づいて経済を活性化するために表面的に採用されました。 しかし、マイナス金利は決して経済を刺激しませんでした。

彼らは税の役割を果たしました。 準備金 市中銀行が中央銀行に保管する。 マイナス金利の下で、銀行は金利が課されるとすぐに(日本の場合は2016年)利益を圧迫し、中央銀行に費用を支払わなければなりませんでした。

日本銀行は、銀行の顧客が預金した預金に対してマイナス金利を適用したことがないため、この罰金を貸し手に伝えました。 日本の小規模企業が30年間、より多くの銀行融資を切望していたので、これは比較的簡単なことでした。 その結果、金利をマイナス領域に引き下げることは、実際に貸し手の顧客の借入金利を高める結果をもたらした。

サラリーマンたちが日本東京新橋地域の街を歩いている。
Batchelder / Alamyストックフォト

銀行利益の圧迫により、ゼロ金利とマイナス金利時代(BoJはすでに 金利引き下げ 1990年代には0.001%で、日本(ヨーロッパでも同様)の数千の小規模銀行がより大きな銀行と合併するよう強制しました。

中央プランナーは、いくつかの大きな銀行がある集中型銀行システムのアイデアが好きです。 しかし崩れるのは中小企業と中産層だ。 研究 大規模な銀行が小規模企業へのローンを減らすため、小規模な銀行が多いときに経済が最も活発であることがわかりました。

銀行ローン 経済成長の原動力を提供します。 したがって、BoJの低金利とマイナスの金利政策は、次のように日本経済に害を及ぼした。 抑制 数十年間の銀行信用成長。

円安の持続

金利の小幅上昇は正しい方向に進む段階ですか? ようやく。 ゼロ金利は依然として経済にとって良くありません。 料金ははるかに早く引き上げる必要があります。 しかし、BoJは国内経済と国家利益を支援することには関心がなく、明示的な政府政策にも関心がない。 為替レートを検討してください。

投資家が他の通貨に投資すると、より高い利子を得ることができるので、低い金利が円の弱さに貢献したと思われます。 しかし金利引き上げが発表されて以来、円の価値は下落した。 金利引き上げ前の円の価値は1ドル当たり149円だった。 一週間後にはそうだった。 滑った 1ドルで151円になります。 そして4月15日の円は 倒す 1ドルあたり154円を超えて34年ぶりに最低値。

予測者 予測済み 日本製造業の威力を勘案すると、円が反騰するということです。 また、合法的に公式通貨介入を担当し、これを円安を防ぐために配置する日本財務省の派遣捜査を知っています。

しかし、BoJは独立しており、長い歴史を持っています。 計画を妨げる 財務省の。 BoJは一般に、反対の目標を追求するために財務省が命令したすべての介入を無力化します。 たとえば、これは次のことを目的としています。 景気後退を延長する 構造変化を強制するため。

殺菌が最近の政策発表以後、円の価値がさらに弱いことを示す理由であり、現在まで変わった変化が見られていない。

BoJは米国連邦準備銀行よりも早く信用創出を拡大してきました。 日本での貨幣の印刷速度が速くなると、米ドルに比べて円の価値が弱くなります。 これらの要因は より重要 単に経済に従う傾向がある金利よりもです。

ドルを支える

米ドルは、2020年3月にブラックロック計画を実施した連邦の特別通貨政策によって脅威を受けました。 これは、米国資産運用会社ブラックロックが2019年の量的緩和を通じてインフレを創出するために提案した計画だ。

この計画は実際に 「量的緩和」 私は、30年前に日本が初期の銀行危機から早急に回復するのを助けるために日本で開発しました。 これは、銀行信用が減少するデフレ経済、すなわち中央銀行が非銀行部門で資産を購入するように設計された政策であった。

しかし、2020年の銀行信用増加率はすでに 5%以上 米国では、ヨンジュンが炎に油を注ぎ、銀行信用増加率を11%に倍増した。 これが私が2020年に18ヶ月後にかなりのインフレが現れると予測した理由です。 これは、ヨンジュンのお金の印刷に続く国で起こったことです。



もっと読む:中央銀行が強すぎてインフレ危機を引き起こした理由 – 量的緩和を切り開いた銀行の専門家による記事


それ以来、BoJは米ドルを支える役割を担うようになりました。 ブリックス国家(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)がドル覇権に挑戦し、サウジアラビアさえ覇権を握っている時代。 油を売る 中国通貨について、米国は米ドルを支援するために同盟国を募集した。

BoJは、連邦よりも早く信用創出を拡大しており、そのようなことが起きている間、財務省が何と言ったり行動しても、円の弱さは維持されるだろう。 ヘンリー・キッシンジャーのように 言った 1972年、南ベトナムに言及しながら「米国の敵になるのは悪いことだ。 同盟になるのは致命的だ」

READ  野村、ライバルが人材を確保するにつれ、Credit Suisseの採用に慎重
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours