経済

円安、価格上昇で中小企業に「戻る」

円安と物価急騰でコロナ19事態を克服した多くの中小企業が閉鎖している。

円安は海外大企業の利益を膨らませたが、100円ショップ、大浴場、洗濯所などおなじみの地域企業は価格引き上げを余裕がない。

円の価値は6月13日、ドル当たり135.22ドルで、1998年10月以降の最低値を記録した。

経済学者は、日本の通貨の弱さと消費者物価の上昇が当分の間続くと言います。

小規模企業にとっては悪いニュースです。

帝国データバンク(Teikoku Databank Ltd.)は5月、日本で517社が破産し、2021年同月より12.1%増加したと8日明らかにした。

これは2021年5月以来初めて前年比破産が増加したものだ。

コロナ19緊急事態により遅延した破産申請法的手続きを勘案すれば、1年10ヶ月前の2020年7月以降の第一印象だ。

5月に破産した企業は、ほとんどが中小企業であり、ほとんどが材料費と燃料費の上昇に対処するのが難しいということを聞いた。

政府のCOVID-19支援措置により、企業は生き残ることができたが、物価上昇と円安が再び困難になっている。

帝国データバンク関係者は「租税が変わっている」と話した。

この小規模企業は、大企業から輸入する資材と燃料を購入して使用しています。 しかし、大手サプライヤーは、特に2月のロシアのウクライナ侵攻以来、価格を引き上げました。

少額の賃金引き上げや微妙な賃金引き上げですでに困難を経験している消費者に追加費用を中小企業が転移することは容易ではない。

100円ショップの場合、価格を100円以上に上げると名前の目的が無色になる。

Prodire Inc.は、5月末までに東京にある9つの100円店をすべて閉鎖しました。

東京中野区にある千代湯湯大浴場が70年ぶりに閉鎖された。

コロナ19事態当時、浴場利用客は1日50人前後で最高値の3分の1水準だった。

上昇する電気およびガスの価格は困難を重み付けた。

天気が温まる春頃の月ガス料金は、通常約200,000円($1,480)でした。 しかし、今年の費用は時々平均のほぼ2倍に達しました。

瀬戸広浅(79)マネージャーは「最後の日にはただのガス費を支払うためにお風呂を運営していた」と話した。 「私たちは家族経営だったので、何とか管理できました。 私たちが人を雇ったら、お金を失ったでしょう。」

京成東海会が今月会員会社を対象に実施したアンケート調査で、回答者の70%以上が円安が経済に「否定的影響」または「やや否定的な影響」を及ぼしていると考えていると述べた。

経済に肯定的な影響を及ぼしているという回答は3.1%に過ぎなかった。

三菱UFJ Research and Consulting Coの上級研究者であるShunpei Fujitaは、「中小企業は大企業よりも調達力が弱く、円安から輸入価格の引き上げにさらに脆弱だ」と話した。

「彼らの生存のための鍵は、どのように(価格上昇)を消費者に伝えて利益を増やすことができるかということです。

しかし、多くの大企業が円安の恩恵を受けています。

SMBC日光証券によると、3月の決算会計年度の旧東京証券取引所1部に上場された1,321社(金融機関を除く)の純利益は、史上最大の34兆1000億円で、前年同期比37.7%増加した。 前年度。

(この記事は佐藤秀明、山下悠二、山本京介が作成しました。)

READ  日本の株式市場は、反発し、米政策期待と堅調な指標で景気懸念後退 - 内外の高 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close