円安と低賃金で外国人労働者に対する日本の魅力の減少

1 min read

円安は外国人労働者にとって日本があまり魅力的になった。 国の人口が減少し続けるにつれて、労働力の不足を避けるために働くのに良い場所にとどまるようにする必要があります。

日本内外国人労働者を採用する人材専門企業マイナビグローバルが2024年1~2月調査した結果、「希望する」居住外国人のうち91%が2022年調査より5.8ポイント減少したことが分かった。 現在ビザ期間終了後、日本で働くことができます。 一方、日本で「働きたくない」という人の割合は、同じ期間1.6%から5.7%に増加した。

2023年10月末現在、日本に居住する外国人労働者数は200万人で、歴代最高値を記録した。 しかし、国内就業意欲が低くなり、今後の人材確保がさらに難しくなる可能性がある。

より高い賃金を求めるベトナム人

日本の外国人労働者の中で最も多くの国籍を占めるベトナム人の間でかなりの減少が現れ、過去2年間でベトナムで「働きたい」人の数が12.1%ポイント減少して85.9%に達しました。 自国経済の急激な発展により、ベトナムの労働者はより高い賃金水準の需要が高まった。 Mynavi Globalの担当者は、円の継続的な価値の低下により、日本企業との契約を締結しない事例が顕著に多かったと述べた。

日本で働きたいベトナム人の欲求

2023年の外国人雇用統計によると、ベトナムの労働者は前年比12.1%増加したことが分かった。 これはコロナ19ファンデミック期間鈍化以後目立つ増加傾向だったが、危機以前の2019年に比べて増加率は半分にとどまった。

一方、自国と日本の賃金格差が依然として高いインドネシア人は94.4%が日本で「働きたい」と答え、ミャンマー人も97.0%と高い水準を維持した。 2023年には、日本で働くインドネシア人とミャンマー人の数がそれぞれ56.0%と49.9%に急激に増加しました。

日本で働きたくない理由を尋ねる質問には複数回答が可能で、「円安」が38.5%で最も多かった。 引き続き長時間労働など「働く環境」が30.8%、「本国で​​家族と一緒に暮らしたい」が25.0%で続いた。

日本で働きたくない理由

家族を連れて行くことができる人気

現行制度は、特定の技術労働者2号在留資格を有する日本国内外国人労働者が配偶者と子どもを日本に連れて来ることを許可します。 この資格を取得するのが難しいにもかかわらず、63.6%で申請しようとする人の割合が高かった。

日本の低出産・高齢化は労働人口の持続的な減少を意味し、日本国際協力機構は2040年には外国人労働者42万人が不足すると予想している。 もう一つの課題は、日本をどのように魅力的な国にするのか。 外国人労働者訓練制度など、新しい制度を通じて外国人労働者のための「選択国家」をまもなく導入する予定だ。

マイナビグローバルのユズリハ元木社長は「賃金水準を就職選択条件に挙げる外国人労働者が増えている」と分析した。 円安の影響で日本が働きやすい場所ではないことは明らかです。 ここで働きたい外国人が多くなるためには、特定機能2号労働者を家族を連れて来られるように増やすなど、労働条件の改善が必要だ。 永住権と実質的に同じ権利を与えます。

(日本語翻訳。バナー写真©Pixta。)

READ  日本で伝統的にマグロ目を準備する方法
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours