トップニュース

円安は日本中央銀行を刺激し、インフレ圧力議論について議論した。

木原レイカ

東京(ロイター) – 日本中央銀行(BOJ)政策立案者の一人が最終的に超緩和通貨政策の出口戦略を伝達する必要があると主張しながらインフレ圧力が大きくなっていることに注目したと水曜日に9月の会議議事録で示した与えた。

BOJは9月22日の会議で超緩和通貨政策を維持し、黒田春彦総裁は金利が「2~3年」の間低く維持されると述べ、この発言は円を急激に下げ、後に政府が通貨に介入させた。 通貨を支える通貨市場。

9人の理事会の多く​​は、BOJが賃金を十分に引き上げ、銀行の2%のインフレを持続可能な方法で達成するのに役立つように、金融政策を非常に緩やかに保たなければならないと述べています。

しかし、一部では、企業が価格を引き上げる可能性が高いと言われており、ますます多くの企業が価格を引き上げるにつれて、企業の価格決定行動が変わることがあると述べた。

ある会員は「通貨変動の影響を含め、インフレリスクが予想を大きく上回るリスクをあらかじめ考えずに謙虚に見守らなければならない」と話した。

日本の中核消費者物価上昇率は9月に8年ぶりに最高値の3.0%を記録し、円が32年ぶりに最低値に下落し、輸入費用が引き続き上昇するにつれて超緩和政策基調を維持しようとする中央銀行の決議に挑戦しました。

BOJが10年物の利回りの0.25%上限を守るために債券を無制限に買収するという提案は、利回り曲線状の歪みなどの長期緩和の副作用に対する懸念を高めました。

ある取締役は「適切な時期になると市場に出口戦略を伝えることが重要だ」と話した。

BOJは、脆弱な経済を積極的な扶養策に再現することに焦点を当てているため、世界中で緊縮通貨政策を展開している中央銀行の間で依然としてアウトライヤです。 黒田総裁は、金融政策を非常に緩やかに保つという銀行の決意を重視した。

市場がBOJの超緩和政策と米国の金利引き上げとの違いに注目するにつれて、円はドルに対して非常に弱い。

(Leika Kiharaの報告、Tom HogueとSam Holmesの編集)

READ  日本の9月工場生産量、4ヶ月ぶりに初下落

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close