理科

再利用可能なロケット発射2030セット

TOKYO >>日本政府は、発射後回収され、再利用部品が含まれているロケットを開発する計画です。 今回の会計年度に運用される予定のH3フラッグシップロケットの後継モデルとなるでしょう。

再利用可能なロケットの最初の発射は、早ければ2030年に発生します。

再利用可能な部品を統合すると、グローバル衛星市場が大きくなるにつれて、開発コストを大幅に削減し、国際舞台で日本の競争力を高めることができます。

計画の概要は、教育、文化体育科学技術部から作成した。 この草案は、約5年以内に縮小されたモデルの試験飛行を実施し、2030年頃に最初のロケットを発射する目標を設定します。

地球観測に使用されている衛星は、需要が多いがH2Aロケット打ち上げあたり莫大な価格表から、日本の現在のロケット(約9千2百万ドル)は、海外の衛星打ち上げの商業的に大きな関心を起こさせんでした。

禁止された価格表を避けるためにH3ロケットの打ち上げ費用は4,600万ドルになります。 H3のフォローアップのために、開発者は、制御された着陸を行うことができるロケットを設計して部品を収集し、再利用できるようにすることを目的とします。

日本はまた、民間部門で開発された部品を統合して、H3より低コストでこれらのロケットを発射することを目的とします。

コロナウイルスの発生の完全な報道を見るにはここをクリックしてください。 提出 コロナウイルスニュースのヒント。

READ  睡眠は脳よりも先に進化したとの研究結果

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close