写真のニュース/日本のスケートボーダー、ダンサー、クライマー、オリンピックの出場権を獲得。 小野寺銀宇、吉沢ココ、パリ予選進出

1 min read
松本拓也/読売新聞
パリのエッフェル塔は水曜日のオリンピック五輪で飾られています。

日本選手たちが24日、ブダペストで開かれたオリンピック予選シリーズ(OQS)第2次戦最後の日、パリオリンピック出場権を相次いで確保した。 スケートボード、スポーツクライミング、ブレーキングなど種目に出場する選手がパリに到達する最後の機会でした。

日本代表チームは男子ストリートスケートボード決勝で授賞式を席巻し、東京オリンピック優勝者の弘吾優人(Yuto Horigome)が1位を獲得し、2回目の連続オリンピック出場を確保しました。 14歳のオノデラ・ジヌ(Ginwoo Onodera)が2位、白井そら(Sora Shirai)が3位を占め、オリンピック代表チームに加わりました。


松本拓也/読売新聞
トップ: スケートボーダー堀弥梅ゆとが日曜日、ブダペストで行われたオリンピック予選シリーズ通り決勝戦でジャンプしています。 一番下: 左から:スケートボーダー小野寺銀宇、堀目優人、白井そらが日曜日のブダペストオリンピック出場権を獲得した後、写真を撮っています。

オリンピックデビューを控えた小野寺選手は「とても楽しみです。 ぜひ自分だけのスタイルでパリで優勝したい」と話した。

日本のスケートボーダーたちは女子ストリートスケートボーディング決勝戦でも授賞台を席巻し、14歳の吉沢ココ(Coco Yoshizawa)が1位を占め、初のオリンピック出場を記録しました。 東京オリンピック銅メダリスト中山ふなは3位を占め、2回連続オリンピック出場権を確保しました。 すでに決勝に進出してオリンピックデビューを確定した15歳のリズアカマ(Liz Akama)は4位を占めました。 世界選手権の優勝者であるユメカ・オダは、ブダペストで累積スコア基準2位を獲得したにもかかわらず、オリンピックのチケットを逃した。


松本拓也/読売新聞
トップ: 左から:スケートボーダー中山ふな、吉沢ココ、リーズアカマが日曜日、ブダペストで開かれたパリオリンピック出場券を獲得した後、写真を撮っています。 一番下: 左から:スケートボーダーのココナヒラキ(Cocona Hiraki)、さくら要素ズミ(Sakura Yosozumi)、ひなの草崎(Hinano Kusaki)が日曜日、ブダペストで行われたオリンピック女子パーク競技に出場した後、ジェスチャーをとっています。

ブレイキング決勝では、湯浅亜美(Ami Yuasa)が1位、福島あゆみ(Ayumi Fukushima)が2位を占め、両者とも最新オリンピック種目出場資格を得ました。 男子種目では、大野宏(Hiroto Ono)が6位でオリンピックチケットを獲得しました。


松本拓也/読売新聞
トップ: アミ・ユアサ(Ami Yuasa)が日曜日、ブダペストで開催された女性ブレーキングイベントで踊っています。 一番下: 湯浅亜美(右)と福島あゆみが日曜日、ブダペストで開かれたパリオリンピック出場券を獲得した後、写真を撮っています。

野中美穂(Miho Nonaka)が女子スポーツクライミング統合決勝で2位を獲得し、2回連続オリンピック出場を確定しました。

松本拓也/読売新聞
野中美穂が日曜日、ブダペストで行われた女子スポーツクライミング決勝戦で試合を繰り広げています。
READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] JLPGAツアーシーズンは37のトーナメントの最初のトーナメントで始まります。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours