スポーツ

冬季オリンピックが日本に戻ることができる

日本は2030年冬季オリンピックのコスト削減の可能性を考慮して、もう一度オリンピック誘致のリーダーになりました。

札幌市関係者 推定 イベントをホストする費用は最大 26億5千万ドル — 報告されたところによると 20%減少 2019年の見積もりより、そのうち約7億ドルは納税者のお金になります。

1972年冬季オリンピックを開催した札幌は 都市の既存の建築物の92%、秋元勝広市場によると。 しかし、オリンピックが開かれる頃なら、ほぼ60年が流れた今、そのスタジアムは保守が必要になるでしょう。

数字がどれくらい正確かわかりにくいです。

  • 東京は結局支出 154億ドル 2020ゲームのため。
  • 市が2013年にイベントに入札したとき、ただ支出すると思いました。 73億ドル、一部では報告されたよりも費用がかかったと思います。
  • NS 勉強する オックスフォード大学の研究によると、1960年以降、すべてのオリンピックゲームで「平均172%のコスト超過支出」がありました。

市場は主催側の声明ですでに入札のアイデアを述べたが、2022年初めに主催に関する世論調査を実施すると述べた。

IOCは、2030年に開催された都市がいつ発表されるかをまだ公開していません。 興味を示している他の都市には、ウクライナ、バンクーバー、ソルトレイクシティ、スペインのアラゴン、カタロニアなどがあります。

READ  LPGAマッチプレイ:ジ・ウンヒ、ラスベガス準決勝進出、Andrea Lee、Gemma Dryburgh ゴルフニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close