スポーツ

出発するブラックバーンのDFアマリ・ベル、コロナテストを通じて、日本入国拒否

去るブラックバーンのDFであるアマリベルは、適切なコロナウイルスのテストの結果として、日本の入国が拒否された後、家に飛んで行かなければならジャマイカチームの一員でした。

27歳の彼は、今月末に契約が満了すると、バーンを出発する予定であり、現在、国際勤務をしている。

彼は木曜日キリンチャレンジカップの一環として日本とのレゲエボーイズチームのメンバーになる予定です。

しかし、Bellを含むヨーロッパに居住する9人の選手は、アムステルダム・スキポール国際空港から乗り継ぎに搭乗していません。

イギリスから来た人たちは、日本の特定のテストを実行するためにイギリスに戻ってきていました。

ここでは、鼻綿棒が含まれますが、選手は口腔と鼻の穴のテスト結果のみ提示したが、日本では電子のみを受け入れています。 ジャマイカオブザーバーレポート

日本とジャマイカの間に予定され、国際親善試合がキャンセルされるべきということを意味します。

ジャマイカの監督セオドアホイットモアは「私たちが3試合を行うという気持ちでここに来た明日の日本チームとの最初の出会いになるので非常にがっかりしました。

「私たちは、彼らとどのように合っているか見てみたかったのではい、失望に思います。

Bellは3月に米国との試合でReggae Boyzデビューをし祖父母を介して、ジャマイカでプレー資格を獲得しました。

バーンの国際舞台でゴールキーパートーマス・カミンスキーは、クロアチアとギリシャとの親善試合のために、ベルギー代表チームに合流しました。

彼はユーロ2020のゴールキーパーでThibaut Courtois、Simon MignoletとMatz Selsがある、ベルギーの順番待ちリストに上がっています。

READ  東京オリンピック、FIHのインドのホッケー特別待遇証明

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close