世界

刑務所で童謡「サメの家族 “を繰り返し再生に聞かせる拷問をしたとして、元看守が起訴 – GIGAZINE

動画


ピンクポン! 子供の歌と話

2020年10月5日、米国オクラホマ州郡刑務所に勤務していた元警備員など3人が「受刑者の残虐行為の罪」で起訴されました。訴状によると、3人の元看守は受刑者を手錠で拘束した後、子供をのための歌である「サメの家族「ループ再生に聞こえていたものです。

刑務所の受刑者を苦しめるために使用されている「Baby Shark」子供の歌、DAは言う。
https://oklahoman.com/article/5673248/baby-shark-kids-song-used-to-bully-jail-inmates-da-says


郡刑務所で「非人間的な処罰で使用された「赤ちゃんサメ」、調査結果
https://www.vice.com/en/article/m7j8da/baby-shark-oklahoma-county-jail

オクラホマ地元の新聞The Oklahomanが10月6日に「オクラホマ郡刑務所の受刑者が人気の子供の歌「サメの家族」を大声で長時間ループで聞くことを余儀なくされていたこの調査で明らかに、二つの元看守と監督が昨日起訴された」と報道した。

被告人は、グレゴリーコーネルバトラージュニア氏(21歳)、クリスチャンチャールズマイル氏(21歳)、クリストファー・レイモンド・ヘンダーショット氏(50歳)の3人です。 三人は、すべて2019年12月末までに辞退または退職しました。

訴状によると、3人は2019年11月から12月までに少なくとも4人の受刑者について、「非人道的」膺懲をしていたこと。 また、刑務所弁護士面会室に入れられた受刑者たちは歌を聞く間ずっと立ったまま手錠で拘束された壁で動かないようにされていたことも捜査で明らかになった。 刑務所の監視映像から、いくつかの受刑者に対する懲戒は、2時間に達していたことを知っています。

また、顧問に使用された「サメの家族 “次の映画で聞くことができます。

赤ちゃんサメダンス| 歌って踊って! | @Baby Shark公式| 子供のためのピンクのポン歌-YouTube

「サメの家族」には、日本語版もあります。

サメの家族|ちびザメ| Baby Shark日本語| 動物の歌| ピンクの携帯電話の振動 – YouTube

IT系ニュースサイトThe Viceは「可愛くおなじみの曲といって曲を使った拷問が残酷ではないわけではない。ナチスの強制収容所と米軍のアブグレイブ刑務所グアンタナモ米軍基地しかし、似たような戦略を使用した」と指摘しています。

3人の被告を「受刑者に対する暴力と陰謀罪」で起訴されたオクラホマ地方検察庁のDavid Prater氏は「事実に沿って重罪を規定した法令を見つけられなかったのは残念です。このような行為には、より重い罪を聞きたいと思いました」と言って、州議会に法改正の必要性を訴えた。


オクラホマ郡保安官P・D・テイラー氏によると、被告の一つであるマイルズ氏は、彼のとバトラーが組織的に弁護士面会室を使ったのは、「刑務所での規律が囚人人の行動を正すことができていないからだ」と宣誓で言っていること。 また、バトラーは、「二人の間で音楽は冗談だとした」と供述しているそうです。

2人の警備員を監督する立場にあったヘンダ措置ショット氏は、2019年11月23日に虐待の事実を知っていたが、すぐに警備員の行為をやめさせるか、被害者を保護し、していない。

テイラー氏は、The Oklahomanについて「私たちは、このような虐待行為を容認しません。私たちは常に、自分自身を備える素晴らしい仕事をしてきたのです」と言いました。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  記者圧サルアラーム、パキスタン軍批判

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close