経済

前「全身および電話「家族が主導する日本の6G

TOKYO-日本の巨大通信企業Nippon Telegraph&Telephoneは6Gモバイルネットワーク技術の開発のためにFujitsuと手を握って、国境間のセキュリティリスクに対する認識が高まる中、長い国内サプライヤーとのパートナーシップを結びました。

NTTは提案されたIOWN(Innovative Optical and Wireless Network)高速ブロードバンド技術のためのチップの開発にFujitsuの半導体設計の専門知識を活用しています。

機器メーカーNECと初期資本提携に従い、かつて「全身および電話」または「でんでん」家族と呼ばれた同盟の復活を示します。 NTTが国営独占Nippon Telegraph and Telephone Public CorporationまたはDen-Den Koshaたとき、それはしばしば多くの取引量を持つ、国内のパートナーFujitsuおよびNECと共同で新技術を開発した。

6G互換通信機器を開発するには、「他の企業との共同研究が必要である」とNTT澤田た社長は、月曜日、仮想の記者会見で語った。 会社とFujitsuは、「同じ方向に向かっている」と彼は言った。

NTTはIOWNイニシアチブに基づいて光 – 電子融合技術を商用化するために、富士通の助けを得ることです。 グループのメンバーであるNTT Electronicsは6月1日からNTT Electronics Cross Technologiesで運営を開始するチップの設計会社であるFujitsu Advanced Technologiesの株式66.6%を取得します。

NTTは光学技術を使用して通信ネットワークのエネルギー消費量を削減します。 消費は現在のレベルの1%に減らすことができると推定されます。 この技術は、2030年代にインフラが構築されると予想される6Gのベースになります。

NTT沢田た社長(左)と富士通社長タカヒート時田が仮想の記者会見で、6Gパートナーシップを発表しました。 (写真:矢口龍太郎)

今回の取引は、グローバルR&D競争の中で、次世代技術のNTTの国際パートナーシップに続く。 2020年5月に日本の会社は、高速データ処理に関するインテルと共同研究契約を発表しました。 その前に2019年12月NTTは、Microsoftとの戦略的提携を発表しました。

しかし、通信機器などのハードウェアの場合NTTは仲間、日本のベンダーを選択しました。 通信機器に関連するセキュリティ上のリスクが米中の緊張に寄与した時点で、自主制作装置の使用は、慎重なものとなります。 NTTは、6月にNECと資本と事業提携を発表しておりNEC機器を活用する予定です。

NTTとNECとFujitsuとの関係は、1985年に民営化前にさかのぼります。 当時、政府所有会社が優先サプライヤーの二メーカーと一緒にしました。 通信大物と手を握ると、海外市場に進出することができます。

NTTとの提携は、Fujitsuが「グローバルな技術競争に参加するために、 “”必須 “とFujitsuのTakahito Tokita代表は言った。

デュオはまた、高速データ処理のためのコンピューティングの研究開発に協力しています。 NTTは、世界最速のスーパーコンピュータであるFugakuの背後にあるFujitsuの専門技術を活用して、低消費電力で通信ネットワークを構築することです。

READ  ★今日の[서프라이즈 결산]速報(11月10日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close