トップニュース

前オイラーズの選手開発ディレクターリックキャリア、日本代表チームの監督| ホッケー| スポーツ

道路にガルリム基ありUターンがあります。

Edmonton Oilersの選手開発担当シニアディレクターであるRick CarriereはプロのクラブチームSeibu Bearsをコーチして30年ぶりに新しい日本男子代表コーチです。

日曜日62歳になったCarriereは7年間OilersとRed DeerとMedicine Hatのジュニアコーチング公演とNAITで働き、WHL TigersでGM勤務をしました。 彼は昨年、日本アイスホッケー連盟とビミリッジアカデミーで英語、言語芸術、ホッケーを教えるコーチング責任者に二股に働いた。

日本の男たちは、2022年の北京オリンピックに出場していなかったが、若い才能を持っている。 YouTubeは、東京郊外の埼玉から来た井口あい(Aito Iguchi)が最も明るい希望である。 日本は1億2,500万人以上の人口のために、200個未満のリンクを保持しているのに対し、カナダは約3,800万人以上の8,000以上のリンクを保持しています。

しかし、2019年ウォータールー(アイオワ州)のUSHLドラフト7ラウンドピクイン井口は、ハイエンドの実力を持っている。 いくつかの面で、彼はイギリス生まれのウィンガーであるLiam KirkがPeterboroughからジュニアに操業前アリゾナによってドラフトされる前と同じ話題を獲得しました。

「その(Iguchi)は10〜11歳(ヒット約200万回)にYouTubeにありました。 彼は長い間大きかったです。」とCarriereが言いました。 すぐUSHLに出場することができる17歳の井口は旧ソ連代表DFワシリーフェルブキンが日本に帰ってきた。

彼らはまた、オンタリオ州に居住してMississaugaによってOHLでドラフトされたQuebec RempartsとIkku KogawaとしばらくしてUSHLでLincoln Starsで走るYu Satoがあります。

フォワードKohei Sato(U of New Hampshire)とYuki Miura(Lake Superior State)、Yushiro Hirano(Wheeling Nailers、ECHL)とYuri Terao(Utah、ECHL)もあります。 Yusaku Andoはオハイオ州ヤングスタウンのUSHLもあります。

連盟(20歳未満、18歳未満、16歳未満のチーム)のコーチングディレクターとしてCarriereは岩本維持が去る新しい代表のベンチボスを見つけるために先頭に立ちました。

驚いたCarriereは「私たちは、いくつかの名前を見て一週間後、彼らは私がコーチになることを望んでメッセージを受け取りました。 「私は一週間の間にヘムを打って釣り上げたし、それを動作させることができると判断しました。」

彼は日本に住んでいませんが、4月1日代表コーチとして出発する。

西武との接続は、彼にアイスホッケー連盟のコーチング責任者としての地位をつかみ、これは国家代表コーチ職に変貌しました。

Carriereは「私は1990年までにNAITにあった90-91と91から92のコーチングをしながら、日本にあったその後の補助コーチとしてSaint John(AHL)に行った」と言いました。 「昨年今回Seibuのマネージャーは、カルガリーで訓練施設と可能トーナメント、場所や他のものを見ていた通訳はBilly Mooresを通じて私と連絡をとりました(彼はまた、日本でコーチであり、2000年にロシアの世界選手権の日本代表)。

“カルガリーで昼食を食べた日本のコーチングディレクターであるBillyの名前とPerry Pearnに言及しました。 すべての名前が、私の名前です。 しかし、彼らは私がその仕事をしています。」

日本は中国のオリンピックで男子12チームを抜かなかったが狩りしている。

「(日本の連盟)の予算の大部分は女性代表がオリンピック出場資格を得たのでトーナメント機会が多くないので、割り当てになります。 しかし、今回の夏の人のキャンプと4つの国際大会があります。このユーロチャレンジカップです。 代表のほとんどの選手たちはアジアリーグ所属であり、クラブチームで釈放されます。 練習時間があまりありません。

“私はトーナメントのために前後に行く。」

Carriereの日本語はどうですか?

「すこ」彼は言った。 “少し。

「以前に西武にいたときの記憶がされます。 私に戻ってくると確信します。」

日本の子供たちは、高校やクラブホッケーをし、彼らの目標は、アジアリーグのチームの主要供給システムである良い大学リーグに到達することです。 U-18とU-20ジュニアキャンプもあるが、範囲を広げるべきです。

Carriereは「日本の子供たちと私たちがしなければならないことは、交感神経を構築し、それらアカデミーに提供すること」と言いました。 「おそらく、ここVimyやWillie Desjardins(彼はまた、Seibuコーチ)が持っている南部アルバータ地域に行くことができます。 その後、カナダの選手たちに対する彼らの発展を見ることができます。 おそらく彼らは滞在し、ジュニアや大学ホッケーをすることができます。 次に、日本代表に戻ると、北米からの巧妙なものです。 彼らは「私たちは、このゲームでは絶対勝てない」は態度の良いチームを相手に試合することを恐れていません。」

著作権Postmedia Network Inc.、2021

READ  Twitterの24時間での投稿が消える「艦隊」機能日本でも提供 - ITmedia

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close