技術

前テキサス工科ゴルファー水戸ペレイラ、オリンピック出場

日本、埼玉 – 全テキサス工科選手Guillermo “Mito” Pereiraが土曜日秒天候のため延期された第2ラウンドが終わった後、オリンピックゴルフトーナメントで6アンダー65打を打って4位を記録した。

チリ(26)ペレイラ(26)は、8アンダー36ホールヨーロピアンツアー10回優勝者であるスウェーデンのアレックス暖簾(Alex Noren)、オーストリアのPGAツアー選手ジェフストラカー(Sepp Straka)と共同1位だ。

2回メジャー2位ザンダーショーペレが11アンダーで首位を走っており、2020年にヒューストンオープン優勝者カルロス・オルティスが10アンダー、マスターズチャンピオン松山英樹が9アンダーで続いでした。

雷雨と稲妻のために金曜日のラウンド序盤に試合が中断され、決勝戦が近づくにつれ、再び16人の選手が土曜日の初めにコースに戻ることができました。 帰ってきた選手の中にはバディ17番で64打を放った松山市が単独で3位に上がった。 また、他の選手は1アンダー70を打った元技術ゴルファーHurly Longです。

READ  Microsoft社長が「過去10年間で最も深刻なサイバー攻撃の一つ」と述べたSolarWindsの「Orion Platform」への攻撃とは? - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close