スポーツ

前ニューカッスル・ユナイテッドのストライカー武藤義徳、アンドレス・イニエスタと一緒に日本でゴールタッチ

前ニューカッスル・ユナイテッドのストライカーである武藤よしのり(Yoshinori Muto)は先月、他人サイドを去った後、新しいクラブでの連続得点を記録しています。

Mutoは8月にNewcastleによってJ-LeagueのVissel Kobeに売却され、今日早くKawasaki Frontaleに3-1で敗れたが、チームの2点目を入れました。

ゴールは2018年ヴィッセル神戸に入団した元バルセロナのスターアンドレス・イニエスタのスルーボールで始まりました。 別の夏に契約した湯屋大迫はパスを制御し、6ヤードボックスを横切ってボールを打っ武藤がゴールの中入れました。

先週清水S-パルスに2-0の勝利を収めた新しいチームでのダイビングヘディングゴールを決めた29歳のこのゴールは、数日のうちに2点目です。 先月にキャリアを開始したリーグに復帰した彼のクラブ初ゴールだった。

武藤は試合後、「気分が良い。結果に直接影響を与えるゴールとアシストを目標に戻りきたので、本当にポジティブです。 “

東京生まれの武藤は、ドイツのマインツ05に移籍するまでFC東京の選手生活を開始しており、交換出場を含む72試合に出場して23ゴールを記録した。

その後2018年にニューカッスルに移籍したが、クラブや選手に移籍は効果がありませんでした。 武藤は、すべての大会で10回先発出場とベンチで18回の出場にとどまった。

総ストライカーはニューカッスルで2ゴールを決めた。 最初はプレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドを相手に、もう一つはカラバオカップでレスター・シティを相手にしたものです。

彼は昨シーズンを、スペイン・リーガでは、このバルと賃貸に送った。

READ  不遇久保建英「3試合連続出演せず」でもエメリーが評価した「久保だからこそできること」とは? - リーガエスパニョーラ - Number Web

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close