経済

前日本銀行規制機関遠藤、パスワード、貨幣取引所DeCurretでデジタル通貨についてアドバイス

東京: 日本の元最高金融規制機関Toshihide Endoは来月、パスワード貨幣取引所DeCurretの特別顧問となり、これはデジタル通貨の共同支払いインフラを構築するための民間部門の努力を促進することができる措置です。

2018年から2020年までのFSA(Financial Services Agency)コミッショナーを務めている間Endoは、デジタル通貨の取引を含めた日本の銀行と金融規制を監督しました。

遠藤は4月1日からメガバンクと大企業を含むスタディグループを組織してきたDeCurretに日本のデジタル決済システムのための共通プラットフォームを見てみましょ助言すると、東京にあるパスワード貨幣取引所が火曜日に発表した。

日本の銀行(BOJ)、財務省とFSAの代表が急速に成長している産業で技術革新を促進しようとする東京の意志を示す観察者に研究グループに参加しました。

遠藤は2018年、東京に拠点を置く、パスワード貨幣取引所コインチェックでデジタルコインが盗まれた後、日本のパスワード貨幣取引所が厳しい規制調査を受けたときFSAを監督しました。

Reutersとの2018年のインタビューでEndoは「(暗号化産業)を過度に抑制することが意図がなかった「顧客保護と技術革新の促進との間のバランスを追求すると言いました。

一つまたは二つのデジタル決済システムが市場を支配する中国のような国とは異なり、日本はお互いに競争する多数の商品を保有しています。

共同決済プラットフォームを構築しようとする民間の努力に加えて、BOJは、独自のデジタル貨幣発行のアイデアを研究する計画を発表しており、来月の基本機能の1段階の有効期限を開始する予定です。 – ロイター

READ  日本の万華鏡自販機の画期的な瞬間コロナウイルスの大流行

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close