エンターテインメント

前SMAP森且行46歳の日本選手権初優勝、7年前に明らかにしていた」のメンバーとの約束」 – モータースポーツ – Number Web

11月3日に開かれた第52回日本選手権レースカーで悲願のSG初優勝を遂げた森克幸選手。 7年前に雑誌「Number」で日本選手権への情熱を話していました。 特にその記事を公開します。 (初版:Sports Graphic Number836号森克幸「最初から挑戦」)

<일본을 강타한 전신에서 17 년. 25 기생 신인왕, 그리고 2 번에 걸친 GI 제패를 완수했지만, 지금까지의 행보는 결코 순탄 한 항해가 아니었다. 수많은 난관을 극복하고 목표 목표는 단 하나 -. >

その川口オートレース長驟雨に見舞われていた。 7月17日、第37回キューポラカップ優勝戦。 各選手が濡れた路面に手こずる中で、森克幸は最初から勝負に出た。 1回目でトップに立つと、そのまま後続をちぎって独走。 トップでゴールを駆け抜けた。 4年半ぶり二回目GI勝利だった。

「久しぶりの優勝だったので、熱いものが込み上げてきました。しかし、涙は流さなかった。これは、SG(スーパーグレード)をキャッチまでとっておかなければならないからだ」


オートレーサーれ17年目。 アクセスが消えるSG制覇という目標を追って無限挑戦を続け姿は、もはや「元祖アイドル “の残像はない。

アイドル終了決意

森が芸能界を離れて子供の頃からの夢だったオートレース界の門を叩くことを決意したのは、アイドルとして人気絶頂の22歳の時だった。 すべてのものを捨てて、新しい世界に飛び込むことに恐怖は感じなかったという。

「絶対的な自信がありました。入る前に3年からSGを取れると思うのだから」

ところが、選手養成所に入って2カ月ぶりすでに試練が訪れた。 練習走行中に転倒しフェンスに激突。 左股関節脱臼骨折という重傷を負ってしまった。 同期が順調に上がるのを見て森は安定したリハビリに耐えた。

その甲斐あって、デビュー戦でいきなり勝利。 また、翌年新人王決定戦で優勝。 そのまま快進撃が続くかと思いきや、ランクが上がっハンディキャップがなくなる突然勝つことができなくなった。

「最初は、乗り方だけで勝つことができると考えました。エンジンとタイヤだけ付いていれば、あとは自分の腕で何とかしてくれれば。でもつけた。それだけダメだと認識エンジンの研究を始めた “

[다음 페이지]「選手としてこれ以上無理なのか」

READ  [TGS 2020]CAPCOMスペシャルプログラムを見ている。 「バイオハザードビレッジ」はPS4 / Xbox Oneの再現を研究中

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close