エンターテインメント

劇場版鬼滅の日 “とても素敵泣く」石田彰も参加舞台挨拶 – AV Watch

左からかまど炭治郎駅の一つに夏希、蓮󠄁獄杏敏夫役の日野聡、猗窩桁駅の石田彰
(C)申告頭呼世晴/集英社アニプレックス・ufotable

開封3日ぶりに興行収入46億円を突破、10日興行収入100億円を突破し、国内史上最高速度を記録するなど、大ヒット中の「劇場版」鬼滅の日 ‘無限列車編」。応援する観客に感謝を伝えるために主人公かまど炭治郎駅の一つに夏希、蓮󠄁獄杏敏夫役の日野聡、そして公開後、大きな話題を呼んでいる猗窩桁駅の石田彰が、今回の作品のイベント初集結公開に感謝舞台挨拶が行われた。

拍手喝采と一緒に舞台に現れた豪華キャスト陣。 開封2週間が過ぎた今でも人気が絶えずに毎日の観客に愛されることについて、松花江は、「私も初日の映画館にして前回のIMAXもみました。映像のクオリティと音楽の迫力とあなたの演技がかみ合っていて、演技している体でもファンの一人としても接線た」とし「鬼滅の日」市のファンとしての熱意を吟味した。

イベントは、松花江、日野は、今回初登場となるイシダウル迎え、ファンの間でも大きな注目を浴びている連󠄁刑務所と猗窩桁との激戦のトルクが繰り広げられた。

最初にこの戦いのアフレコについて松花江は、「日野氏と石田さんの演技が凄すぎる緊張感がいたずらではなく、後ろに(アフレコの様子を)見ていましたが、音を立ててというプレッシャーの中、二人の演技を見ながら炭治郎回の緊張感が凄いんです。本当に激しい戦いが繰り広げられているんだということがアフレコ現場でもヒシヒシと感じました」と述べ、声優陣もすぐに死闘を繰り広げたが、当時の様子を振り返った。

また、日野は本作連󠄁刑務所を演じるにあたって、「猗窩桁との点では、優先連󠄁刑務所の人への力、心の力を意識しました。そして、柱といっても上弦の参照は恐ろしい強敵と戦うに力には限界がありながらも精神力という意味ではサンヒョンの参照悪魔を上回る気持ちで凛々しく演技しようとしと注意しました」と連󠄁刑務所がある定義感と精神力を、自分も同じように抱えて演技したと述べた。

そして石田との共演について「熱いました。収録自体は自粛期間前で、石田さんと川岸郡など、すべての人々と収録することができますので、同じ空間でカロリーを感じながら演技したという、非常に大きかったです。石田さんの胸を取るし、連󠄁刑務所の心を全力でぶつかっていただきました」との戦闘シーンは、連󠄁刑務所が猗窩の位置に立ち向かうために、日野も連󠄁玉のように強い心をぶつけたと発表した。

一方、石田は猗窩桁の尋ねると、「今回の映画の台本を読ませてくれて、猗窩桁という役がどうしても神経質とがっ人のように考えては力だけを追求する姿が本当に平凡でないと思う、そのような面を出すことで連󠄁ヒスイさんのコントラストがされると、思いました」と連󠄁刑務所とは正反対の異常なまでに強度だけ要求猗窩桁持つクレイジーを全力で演じたとコメント。

また、「最初の挨拶でも言及されることもしたが、(猗窩桁が)映画で初登場したわけですよ。連󠄁刑務所は、TVシリーズで正しくキャラクターが作られていて、そこに対抗馬として、突然出てくる……そこまでのキャラクターをしなければならないという点はお気軽であり、私こそ全身でぶつかっていかなければ人に胸を借りて時ではないと思った」と劇場版で初登場したキャラクターであるため、他の声優陣にも負けない心を持って全力で挑戦と当時のダビングを振り返った。 死闘を繰り広げる連󠄁刑務所と猗窩桁のように声優陣も、彼らに劣らずカロリー挑戦したことで、観客の胸を熱く心揺さぶる戦闘シーンが完成したようだ。

劇場版「鬼滅の日 ‘無限列車編第3弾キービジュアル
(C)申告頭呼世晴/集英社アニプレックス・ufotable

この激戦では、限られた命だから耳強い電波連󠄁刑務所と永遠の命と力だけを追求猗窩桁は正反対で、二人の強い信念が衝突するところも見物である。 日野は「連󠄁刑務所の力は家族、後輩、同僚の助けが必要なすべての人を助けたいという思いだ。その心が自分にもの高さに強くすることができているという点が、彼の魅力だと思います。彼の母親の教えと柱に鬼歳部隊で今まで幽霊をキャッチきたため、猗窩桁の前に、その力を出すことがないかと思います。猗窩桁は猗窩桁で大根を尽くす力を持っており、様々なタイミングというか、よくギアがかみ合ったら、とても親しくなることがないかと思いました」と笑う。

石田は「猗窩桁の力というのは、連󠄁刑務所とは異なり、自分のために強くなるために特化されており、強く以外はすべて排除していいという極端な目的を達成しようとするところ(強度)がないかと思います。人のために何か強くすることができない自分のために止まってないと真の力は得ることができないという人を説得したり、聖域するには使いにくい論理を持っており、その力は定義的な力ではないと思います。」と連󠄁刑務所とは違う、猗窩桁が持っている唯一の力の魅力を力強く語った。

そんな二人を前に、松花江は炭治郎を演じるにあたって、「日野さんと石田さんの演技を目の当たりにして、細かいことを考えなく感情ように、炭治郎の力ではどうしようもない物足りなさを心に残っぶつけようと思いました」とまるで炭治郎にその場にいるような感じで彼の心を全身でぶつかったと力強く語った。

「劇場版「鬼滅の日 ‘無限列車編」公開中PV

2人の格闘を取った高品質の映像美と、手に汗を握るダイナミックな演出も観客に愛されている魅力の一つ。

日野と石田は映像の「息を忘れてしまうほど圧倒されました。技術の応酬や表情、呼吸、音楽、最後のエンディングに至るまで、すべての素晴らしいして終わった後には、放心状態で圧倒されました」(日野)「私たちが収録したときはもちろん、音が入っていませんが、完成品を見ると、やはり凄いと思いました。思ったより、このようなことがあるか、というものがあり、もちろんダビング時点で100%の力にしていましたが、より良いたい欲が出るほど完成された凄さがありました」(石田)とお互いの攻撃を目で追うことができないほどの膨大な戦闘シーンを絶賛した。

について花崗も「とても素敵泣くことはできるんだなと思いました。猗窩桁術式展開が綺麗でしたね。連󠄁翡翠さんと猗窩桁の戦いシリーズは、大迫力のある画面で見る価値があり、一度戦いを追いかけとないので、複数回見に行きたくなりますよ」と劇場版に見るのである本作の魅力を語った。

ここで「あるニュース」が川辺で発表。 「10月16日公開の「劇場版「鬼滅の日 ‘無限列車編」多くの方が見て、なんと観客1,000万人を突破しました! (10月16日〜31日16日間の動員)」と会場に響く声で伝え日野が「まさかまさか!」と喜びの言葉を与える観客は割れんばかりの祝福の拍手を会場でキャスト陣と観客の笑顔があふれた。

最後に、「皆さんご覧になったかのように無限の列車編は、このように着地した。おそらく、あなたの記憶の中で連󠄁ジェイドさんが!という気持ちでいっぱいかと思いますが、冷静を持って、魘夢すごい感じ悪かったこと、炭治郎の夢が出て、「ああ、この夢が続くといいな」と思ったこと、そのようなことを覚えてするために再び劇場に来ていただければと思います」(石田)」が無限列車側に関連するすべての方々が心を燃やす挑戦しました。 全世界が難しいときだからこそ、家族と愛、生命のあり方、生きるこの現実を受け入れるながらも、今後のメッセージを本作で受け入れていただければと思っています」(日野)「多くの方々にお楽しみがございます。 今後も炭治郎を延期することができた喜びと連󠄁オクさんから寄贈された言葉を忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います! “(松花江)と仕上げ、止まない祝福の拍手と一緒にイベントは幕を閉じた。

(C)申告頭呼世晴/集英社アニプレックス・ufotable

READ  今日発売のSwitch用ソフト「セブンナイツ〜時空の旅人」オンラインメディアキャラバン報告する。取締役を本作の開発コンセプトは、

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close