World

加藤厚労相米国モデルルナ社の新型コロナウイルスの国内供給に販売代理店は、武田交渉推進| ニュース| ミックスOnline

加藤厚労相米国モデルルナ社の新型コロナウイルスの国内供給に販売代理店は、武田交渉進行

公開日時2020/08/31 04:51

加藤勝信厚労働大臣は、8月28日の記者会見で、米国のベンチャーモデルルナ社が開発している新型コロナウイルスワクチンについて「武田の販売流通の来年上半期から4000万回(2000万人分)以上供給することを前提にモデストルナ社、武田との交渉を進めている」と述べた。 併せて、ワクチンによる健康被害の損害賠償などで生じる製造販売業の損失を国が補償することができるよう接種開始前までに法的措置をとる方針を明らかにした。 円滑な接種を行うことができる体制の整備を推進すると思います。

政府は、2021年上半期まで全国民に提供することができる量の確保を目指して、接種体制の整備を推進する。 ワクチンの確保をめぐり、すでにファイザーとアストラゼネカ両社でそれぞれ1億2000回分の国内供給の基本合意に至っている。 加藤厚労働長官は、「加え合わせると、全国民を超えるワクチンの量である」と述べた。 政府は「国内産国外産の区別を問わず、全体的に必要な量の供給契約を締結し、順次推進する “とした。

◎モデルルナ社の新型コロナウイルス「mRNA-1273」の臨床3相試験が進行

モデルルナ社が開発を進めている新型コロナのmRNAワクチン「mRNA-1273」7月27日から第3相試験を進めている。米国政府は、モデルルナ社1億回分の契約を締結し、さらに4億回分のワクチンを購入する権利を持っている。

◎健康被害が生じた場合、企業の責任について法的措置講じ

一方、DNAワクチンとRNAワクチンは、新規性が高く、予期せぬ健康被害が発生する可能性が指摘される。 ただし、全世界がワクチンの確保を目的とする中で、製薬企業の責任を国が補償することができるよう接種開始前までに法的措置をとるつもりだ。 加藤厚労働長官は「新型インフルエンザワクチンの場合、20カ国で新型インフルエンザワクチンの損失補償の条件が確認されている」と説明した。 「外国企業から見れば、ワクチン供給のいずれかの前提になっているようだ。最終的な契約のために国に措置をとること」と述べた。 したがってワクチンの確保のために前進したい考えだ。

このほか、国民スムーズにワクチンを接種することができるように国主導で近くの地域で接種を受けることができる仕組みや健康被害が発生した場合、適切な救済措置を含む必要なシステムを確保を推進する。

READ  新型コロナ]アストラゼネカワクチン年内提供目標 - 死者90万人 - Bloomberg

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close