エンターテインメント

加藤浩次肺炎の疑いで入院| au Webポータル芸能ニュース

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(51)が肺炎の疑いで入院中であること、13日、分かった。 加藤がMCを務める日本のTV系「すっきり「(毎週月〜金8:00)で、この日発表された。

プログラムの開始部分、水卜麻美アナウンサーが「体調不良で先週の金曜日から「きれい」を休みさ加藤浩二さんですが、発熱が続いていること、昨日もまた新型コロナウイルスのPCR検査を受けました。結果は、前回の続いて、音声であったが、肺炎の疑いがあると診断されました入院して検査や治療を受けることにした」と説明した。 「加藤氏は、とにかくまずゆっくりとしていただいて、体調が万全回復まで「きれいに」を破るて治療に専念したいと考えています。孤独なんです」と本音を交えて伝えた。

MCマンション一日私病状を心配しながら「都市ともかくも大切にしていただきありがとう本家されたまた吠えたいと思います」との世話をした。

加藤は体調不良で9日から、このプログラムの出演を保留した。 12日の放送ではすべて、水卜麻美アナは加藤について「先週の金曜日に熱があることで「きれい」を休憩をしました。その後、新型コロナウイルスのPCR検査を受け、結果は、音声とした。しかし、まだ37度台の微熱が続いていることもあって、今日の休憩ということです。」と説明した。

また、13日、所属事務所が「極楽とんぼ・加藤浩次 容体の報告」というタイトルのコメントを発表した。 容体について「9日(金)に発症した37度台の微熱、悪寒であった。このため、この日の新型コロナウイルスのPCR検査を受けた結果、翌年10日(土)に結果が陰性であることが判明しました」と経緯を説明した。 「しかし、9日の夜には熱が39度台に到達することにより、昨日12日(月)病院で診察を受けて再びPCR検査も実施したが、PCR検査の結果は、音声でしたが、肺炎が疑われることを発見し、治療をのために入院しました。現在は、微熱、関節炎、食欲不振、倦怠感などの症状が現れており、入院期間は1週間〜2週間ほどで予定だ」と復帰の約束を伝えた。

また、「入院により生放送のレギュラー番組はしばらく欠席。他の仕事は現在調整中です。関係機関の皆様には多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。また、いつも応援してくださっている皆さんに心配をおかけしているかどうか重ね謝罪」と謝罪。 「また、加藤家族も周りの関係者の皆さんの中で、現在体調不良の方がおられるという報告は受けていません」としている。

READ  Nintendo Direct:開始時間、視聴方法と予想事項

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close