動物の権利運動家は何百年もの儀式を非難します – DW – 2023年5月28日

1 min read

日本語 動物の権利運動家 彼らは馬が高い土堤防を飛び越えようとしたときに、しばしば深刻なけがをする年次祭りを止めるための長いキャンペーンで最終的に突破口を設けたと信じています。

今年のイベントは5月4日と5日、日本中部三重県田舎の桑名村で行われました。 そして、ここ数年間、馬の一匹が、騎手が100メートルのトラックに沿って強制的に走り、茶道大社神社につながる2メートルの堤防に上がろうとしたときにぎこちなく落ちました。 馬は足が折れて倒れたところで安楽死させなければなりませんでした。

荒若由紀(Yuki Arawaka)スポークスマンは「残酷で不要だが、神社は伝統だと主張して行事を擁護する」と話した。 動物圏 組織生命調査機関。

「思い浮かぶ馬」祭り

この神社は約1,200年前に創建されたと推定され、三重北部は田園地帯であるため、長い間馬は地域社会の重要な部分でした。 ここ数年、馬は地元の住民と神の間のメッセンジャーとして働くと信じていました。 「上がる言葉」を意味する「アグマ」祭りの起源は約680年前にさかのぼる。

もともとこの祭りは、村人が豊作を祈るために神社に到着する前に洗練された衣装を着て馬に乗って通りを行進することに関連していたという証拠があります。

しかし最近、祭りはより素晴らしいイベントに変わり、批評家は言葉が交渉しなければならない土壁を追加しました。

動物の権利運動家は680年の宗教意識を非難します画像:フィルバート大野

COVID-19ファンデミックのために3年ぶりに祭りが開かれる今年は、16歳から29歳の6人の青年が村の様々な地域で選抜され、それぞれ3回の試みをしました。 馬三匹だけが首尾よく堤防を登ることができました。

「神社はこれが数百年前の伝統だと言っていますが、より多くの観光客を誘致する目的で、馬をより難しくし、より興味深くするために堤防のある区間を追加したという証拠があります。町はより多くのお金を稼ぐことができます。 「とアラワカはDWに言った。

「Go」動物研究グループの創設者であり、日本の動物福祉連合の取締役である慶子山崎は、イベントが「スペクタクル」になるように変更されたことに同意します。

「砂糖はそれが長い歴史を持ち、地域文化の重要な部分であると言い、私たちはそれに同意します」と彼女は言いました。 「私たちは村の文化遺産を変えたくありませんが、土堤防は戦争の後に追加されたので、元の祭りの一部ではありません」

動物の権利団体は10年以上この祭りの懸念を表明してきました。

祭り馬虐待

「過去に彼らは馬に薬を投与し、研磨材で馬の鼻をこすり、アドレナリンを噴出させ、目に見える傷跡を残すほど強く鞭打ちました」と彼女は言いました。 成功しました。 しかし、馬が死んでから何年も経ちました。」

日本:京都周辺に隠された写真祭

このブラウザはビデオ要素をサポートしていません。

抗議者はまた、フェスティバルの最も虐待的な要素を停止するための法的手段を模索したと動物権利センターの千尋岡田関係者は言った。 日本

彼女は「私たちは言葉に対する待遇が日本の動物福祉法に違反し、これを「伝統」と説明するだけでは十分な説明にはならないと思う」と話した。 2 つの法的問題が現地検査によって棄却されました。

桑名市役所関係者は2004年頃から今年「多くの人々から」祭りに反対するメッセージとともに行事に対する不満が受けられていると話した。 しかし、この管理は滋賀神社の祭りについて「権限がない」と指摘した。

紳士側は声明を通じて今回の行事について「複数の意見が受け取られた」としながらも参加した言葉はすべて動物福祉法に従って「適切な待遇」を受けたと主張した。 馬は祭りを控えて「昼と夜に愛らしくケアされた」と付け加えた。

言葉を奨励するために鞭を打ったり、殴打したという主張を否定し、関係者が報告書に「慌てた」と付け加えた。 声明はまた、ソーシャルメディアを使用している人々がイベントを「誹謗」するのをやめることを要求しました。

空気の変化

神社の奥さんにもかかわらず、運動家たちは確かに変化が起きていると言います。

山崎は「今年、突然叫び声が非常に大きくなった」と話した。 「イベントのイメージがソーシャルメディアサイトに出て、日本の動物福祉イメージが壊れています」

荒若由紀も同意します。 彼女は「今年末の安楽死は大衆を激怒させた」と語った。 「そのイメージはソーシャルメディア全体に広がっており、その物語は日本の主流メディアによって取り上げられ、今、人々はこの事件がどれほど残酷なのかを知ることになりました。」

彼女は「イベントを狙った怒りがこれまで大きかったことはなかった」と付け加えた。 「そして、これは祭りの終わりの始まりであることを示唆しています.」

カシミール:動物福祉の代の擁護

このブラウザはビデオ要素をサポートしていません。

編集:ジョンシルク

READ  宮崎大輔氏釈放」世間を騒がせて申し訳ない」(2020年11月4日) - YouTube
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours