勝利した虎と水牛が神戸と大阪でパレードを繰り広げます。

Estimated read time 0 min read

阪神タイガースとオリックスバッファローズが木曜日に神戸と大阪の街でそれぞれ優勝を祝う間、合計約100万人の観客が複数のパレードに出席しました。

今月初め、セントラルリーグチャンピオンタイガースはパシフィックリーグチャンピオンバッファローズを破り、1964年以来関西地域チーム間で初の日本シリーズ優勝を獲得しました。

タイガースは朝に神戸の中心部を行進し、ブッファローズは午後にクラブが席を交換する前に大阪の主要道路である三戸寿司に沿って行進した。

タイガースのホーム球場である歴史的な甲子園スタジアムは兵庫県西宮にありますが、近隣大阪との関係は1930年代大阪タイガースでクラブが創立された時に遡ります。

そしてオリックスは現在大阪に本社を置いていますが、フランチャイズの根は兵庫にあります。 そこはクラブが10年以上神戸で走り、中島里監督は午後にこれについて言及しました。

神戸でオリックスでプレーした中島は「こんなに盛大なパレードをご用意いただきありがとうございます」と語りました。 「神戸は私たちの故郷なので、私たちはこれを本当に期待していました。ここでこれができるとは全く考えませんでした」

大阪では、1985年タイガースの他の日本シリーズ優勝チームで活躍した岡​​田明信監督も「1年中戦って何かを成し遂げたような予感がする」と話した。

「私たちの結果はあなたの声援に答える方法であり、最終的に勝利は必須だと感じました。」

大阪パレードルートで見守った70歳の鳥山吉竹(70)ファンはチームに感謝を表した。

彼は「関西対決をめぐって葛藤があったが、両チームとも地域に活力を吹き込んだ」と話した。

READ  日本のYuma Kagiyamaが銀メダル獲得、ディフェンディング世界チャンピオン、日本のShoma Unoが4位に墜落。 イリア・マリニン(Ilia Malinin)、男フィギュアスケート世界記録を保有
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours