経済

勝利の対価:展示経済を平和に変える

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

緊張したサプライチェーン、パイプラインのインフレ圧力、労働市場の健全性に関する懸念。 おなじみの音? これは、1945年にハリー・S・トルーマン大統領が第二次世界大戦を終結させ、平和に伴う混乱を最小限に抑えようとした米国です。

日本に対する原子攻撃の役割、ロシアの侵略に対する恐怖、日本産業の崩壊は、1945年8月15日、東京の降伏をめぐる議論でよくまとめられています。 国内で展開されている財政的および商業的緊張の影響はあまり知られていません。 。 私はヴィラノヴァ大学の歴史学科教授であり、「無条件:第二次世界大戦で日本の降伏」の著者であるマーク・ガリキオと話を交わしました。 この本は、差し迫った経済的災害に対する恐怖を含む、戦争の終結に関するトルーマンのチーム内の議論について詳しく説明します。

これらの懸念はアメリカの海岸で止まらなかった。 企画者は日本経済について何を期待し、展示同盟国である中国がいつか米国に挑戦するという見通しについてもっと考えないことでボールを逃したのでしょうか。 会話は明確さと長さのために編集されました。 DANIEL MOSS:国内経済状況とそれが1945年にワシントンの決定をどのように形成したかを説明してください。

MARC GALLICCHIO:ドイツの敗北が差し迫ったその年の初めから、人々は戦争を過去に回し始めました。 平時経済への転換が十分に強調されていないことを懸念した一般大衆はもちろん、財界指導者たちも同様だった。 突然、米国に平和が訪れるなら、経済は準備ができていないでしょう。 製造業者はまだ展示モードにあり、主に軍用製品を製造しています。 消費者活動に制限があり、食料配給があり、価格制限が課された。 戦争が突然終われば、これらの兵士たちと船員たちが皆家に帰り、国内経済がこれらを労働力で吸収する条件にならないという不安があった。

軍隊があまりにも多くの労働力と物質を吸収しているという主張は、幹部と立法者の間で増加しています。 新聞で見始めます。 今、彼らは一線を引くようになり、日本とドイツの両方と戦ったとき、なぜ日本と戦うためにそんなに多くが必要なのかという質問がますます多くなりました。 心配は、これらすべての展示作業と契約が終了し、ビジネスが国内生産に転換する準備ができていないということでした。

失業の恐怖が大きかった。 思ったより問題は少なかったが、消費財へのアクセス性とインフレへの懸念が現実的な問題であった。 1945年初夏まで、石炭産業は鉱山労働者を増やすことができないと不足が発生すると警告しました。 このために軍隊から解放された人員が必要だったが、これは消極的だった。 4年が経つにつれて、人と物をアメリカ全土に移動することはますます困難になりました。 やるべきトラックメンテナンスがたくさんありました。 それで、さまざまな職業を持つ人々の早期リリースのための請願があり、軍はそれを望んでいませんでした。

DM:トルーマンは、原子爆弾の開発とロシアの対日戦争参戦の意味についての懸念を考慮して、これらの経済的圧力にどのような優先順位を与えましたか?

MG: Trumanは7月ポツダム戦争の最後の首脳会談に行く前に軍隊の側に立った。 しかし、トルーマンが大きく信頼していたフレッド・ビンソン財務長官は軍隊の立場に反対した。 トルーマンが爆弾がなければ何をしたのかは明らかではない。

トルーマンは、ポツダムのVinsonから、米国が再転換のためにより強く動かないと、深刻な危機が来ると言うこの特別なケーブルを受け取ります。 Vinsonは確かに軍隊がこれらすべての資源を必要としないと提案し始めます。 私たちは無条件の降伏を必要としますが、封鎖と砲撃によってそこに到達することができます。 軍隊は戦争が長期化し、アメリカ大衆は関心を失い、日本はこれを有利に使用すると信じていたので、その見解に反対した。 Vinsonが災害を避けるために提案したのは、無条件降伏の修正でした。 彼はそれを露骨に言わなかったが、おそらくそれは結果だっただろう。

Trumanは、ポツダムで予定されている日本侵攻の数ヶ月前、おそらくロシアが入る前に爆弾を配置できることを知っています。 私は彼が爆弾が必ずしもロシアを阻止できるとは思わないと思います。 ロシアが北東アジアに近づく前に戦争が終わる可能性をボーナスとして見たかもしれませんが、それを使用する最初の理由は日本の敗北をもたらすことでした。

爆弾は侵略を不要にしました。 これはまた、米国経済でゆっくり動くこの危機が解決される可能性があることを意味しました。

DM:日本が武器を放棄するように誘導するために無条件降伏要求を修正するかどうかについて激しい議論がありました。 どのような妥協が行われたのか?

MG:帝国の制度が残るという考えは、ポツダムで発表された声明に決して反映されませんでした。 しかし、日本に軍人の帰還を許可し、日本が世界共同体に再参入できるようにし、海外原材料への接近を可能にする自由主義的な平和に対するこの考えがありました。 日本は戦後自由主義的な国際経済に組み込まれます。 世界の平和を愛する国がもはや脅威にならないと確信しているなら、彼らは選択した政府を持つことができます。 行の間を読んで皇帝がすぐに閉鎖すれば、彼は日本をポツダムに描かれた国に導くことができる人だと言えます。

DM:コビッドに対する闘争はしばしば軍事的用語で編まれてきました。 アメリカはファンデミックが頂点に達したときに展示経済に対応するレベルを持っていましたか?

MG:私たちは全体的な経済に関する広範な規制を受けていません。 パブ、レストラン、航空会社に大きな制限がありました。 国家の支援がありましたが、第二次世界大戦の間、人々の生活に遍在していませんでした。 少しも驚かなかったのは、社会生活と経済の制限を解除するという膨大な要求でした。

私たちは第二次世界大戦のこの集団的記憶を統一し、すべての人が喜んで犠牲になった時間として覚えています。 これは多くの議論があったベトナムのような後期戦争と対照的である。 しかし、1945年まではそうではありませんでした。 特に軍隊に対する苦情と怒りが大きくなった。

DM:アメリカの管理者たちは、戦後の日本経済がどのような姿かを考えていましたか?

MG:New DealersとTrumanのビジネスフレンドリーな企画者とアドバイザーの間に衝突がありました。 戦争大臣のヘンリー・スティムソン(Henry Stimson)と国務次官のジョセフ・グル(Joseph Grew)のような人々は、日本が19世紀後半以来、産業化において驚くべきことをしてきたと見た。 彼らは、君主制をアメリカに関する限り、本質的に危険な制度と見なさなかった。 あなたがしなければならないことは、軍国主義者を掃除することだけでした。 彼らの恐れは、あなたが皇帝を取り除き、大規模な改革を実行すると、革命と共産主義の種を蒔くことでした。

それから問題をはるかに深く見たニューディーラーがいました。 彼らは近代化の過程で日本が封建的構造から抜け出せなかったと感じた。 彼らは皇帝の地位が軍隊と大企業の力を強化すると考えた。 真に民主的な日本を得るためには、天皇を取り除き、大きな信任を取り除き、日本を社会的、経済的に民主化しなければなりません。 女性を解放し、労働組合が適切に組織されるようにするなど。

無条件に降伏を批判する多くの人々は、戦争が終わった後、トルーマンは日本に皇帝を守ることができると言わなければならなかったと言いました。 なぜなら、それが結局起こったことだからです。 しかし、無条件に降伏した後、皇帝は、彼が持っていたのと同じ権威を持っていなかったことに注意することが重要です。 結局、米国はトルーマンが無条件に降伏と占領を主張したため、多くの重要な改革を施行することができました。 最大の改革の1つは、皇帝をGrewとStimsonが自分が常にそうしたと誤って主張した人物に縮小した新しい憲法でした。

DM:1945年に中国がアメリカの主要な競争相手として浮上するだろうと言われたら、彼らはどう思いましたか?

MG:しばらく中国が極東地域で主導的な役割を果たすという期待はあまりありませんでした。 それがStimsonやGrewのような人々が日本が安定のための力になるように早く日本を再建する必要があると考えた理由の一部でした。 それらのどれも中国で巨大企業が登場すると予想していませんでした。

DM:中国がどうなるかについて十分な関心を払っていないのは間違いでしたか?

MG:中国がページから押し出されました。 アメリカの軍事的思考は、目標がまず日本を敗北させ、次に地平線を越​​えて何があるのか​​を見ることであった。 近視眼的な政策のように見えるかもしれないが、「見て、日本があれば私たちは残りの世界を太平洋から守ることができ、私たちは中国に何が起こっても米国を守ることができるだろう」という見方だった。

人々はただその仕事を終え、少年たちを家に連れて行きたいと思っていました。 アメリカの力が満潮に達したにもかかわらず、その潮も枯渇し始めました。 維持力はそこになかった。

Bloombergのコメントでもっと見る:

•1947年、1970年代、2008年。 インプレニスタ:ダニエル・モスを選択してください。

•世界が安倍信条について誤って知っていること:Gearoid Reidy

•第一次世界大戦の歴史は間違っており、中国に対する私たちの視点を歪めます:Hal Brands

このコラムは、編集委員会やBloomberg LPおよびその所有者の意見を必ずしも反映しているわけではありません。

Daniel Moss はアジア経済を扱う Bloomberg Opinion コラムニストです。 以前は、Bloomberg News for Economicsの編集長を務めました。

このようなより多くの物語は、以下で見ることができます。 bloomberg.com/opinion

READ  日本とアメリカのファンデミックパートナーシップが必要な時だ – The Diplomat

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close