北、米潜水艦韓国到着後ミサイル2発発射

Estimated read time 1 min read

ソウル、7月25日(ロイター) – 北朝鮮が米核推進潜水​​艦が韓国海軍基地に到着してから数時間で月曜日遅くに東海上で弾道ミサイル2発を発射したと韓国軍が明らかにした。

日本防衛省はまた、北朝鮮が弾道ミサイルであると言ったことを発射したと報告しました。 日本メディアは日本政府の消息筋を引用し、複数のミサイルが発射された可能性があると伝えた。

この報道は、韓国と米国が米国の戦略的軍事資産の配備とともに、北朝鮮の武器プログラムに対する軍事的対立態勢を強化するための措置をとるにつれ、朝鮮半島の緊張が高まる中である。

北朝鮮は、そのような配置が核兵器の使用の基準を満たすことができると怒って反応した。

米国は、不安定な北朝鮮のミサイル発射について同盟国と緊密に協議していると明らかにした。 月曜日の声明では、米軍は、打ち上げが米軍人員と領土または米国同盟国に即時の脅威を与えないと付け加えた。

これに先立ち、月曜日、米核推進潜水​​艦が不特定作戦任務を遂行している間、軍需品を載せるために韓国南部済州島の海軍基地に進入したと韓国海軍が明らかにした。

先週末、北朝鮮は西海岸海上で巡航ミサイルを砲撃した。

先週北朝鮮は1980年代以降初めて米国の核潜水艦が韓国の港に到着した後、弾道ミサイル実験を敢行した。

プレス:ソウルのJack Kim、東京のキム・チャンラン、ワシントンのKanishka Singh。 Alison WilliamsとAndrew Heavensの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本銀行は進路を変える勇気が必要
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours