トップニュース

北口春香、日本の世界槍投げ銅メダル獲得

北口春香は、金曜日の世界陸上選手権大会女子チャンダンジで銅メダルを獲得し、世界またはオリンピックで投擲種目でメダルを獲得した日本女性初の選手となりました。

24歳の選手は、オレゴンで進行中のチャンピオンシップで日本の3番目のメダルのために決勝で63.27mを投げました。 村上幸文は、2009年の世界男子大会で銅メダルを獲得した日本の最後の槍投げメダリストでした。

北口春香が2022年7月22日、オレゴンジュユジンで開かれた陸上世界選手権大会女子チャンドンギ銅メダルを獲得した後、日本の国旗を持って喜んでいる。 (水泳場の写真)(刑務所)

オーストラリアのケルシー・リー・バーバー(Kelsey-Lee Barber)が66.91点で金メダルを、米国のカラ・ウィンガー(Kara Winger)が64.05点で2位を占めた。

北口は「メダルにちなんで嬉しい」(だが)これが目標ではない。 ここから最善を尽くして金メダルを目指す」

北口は決勝戦で6回の試合のうち、最初の試みで62.07の投球を改善するために苦労したが、最後まで最善を尽くして5位に上がって授賞台に座りました。

彼女は「できるだけ遠くに投げようとした。高校時代に六番目の投げに強く、その心構えを思い出そうとした」と話した。

日本の北口春香が2022年7月22日、オレゴンジュユージンで開かれた陸上世界選手権大会女子チャン投げ決勝で3回目の投球をしている。 (水泳場の写真)(刑務所)

北海道出身の彼は2015年の世界青少年チャンピオンであり、2019年に2回日本記録を書き直した。 彼女は昨夏、東京オリンピックで12位だった。

今シーズン彼女は6月ダイヤモンドリーグで日本人初めてこの大会で優勝し、この世界で予選1位を占めました。

北口氏は、「これが日本の女子槍投げの分野で勢いを構築すればいいだろう」と語った。 「海外のライバルたちと正面勝負をしたいです。ファンが私を調べてくれることが重要で、世界中で多くのファンを作ることができることを願っています」

「これは私だけでなく、すべての日本選手ができるし、私たち全員が最善を尽くすことができることだと思います。」


関連する適用範囲:

陸上:Sani Brown 日本初の世界100m決勝進出


READ  日本:Rajnath、Jaishankar、今月2&2の会話のためにアメリカと日本を訪問インドニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close