トップニュース

北日本の会社、リヨン駅に臨時弁当店オープン

駅で販売するお弁当「駅弁」の日本北部の老舗製造・販売業者秋田が今年11月から来年4月末までに、パリのリヨン駅に期間限定ショップをオープンする。

秋田県大館に本社を置くかジェンでは、有名な「鳥メッシュ弁当」のほか、県で生産された材料で作ったお弁当を販売する予定です。

修一八木希望社長は9月14日、県庁で開かれた記者懇談会で「「駅弁」という言葉を世界に知らせたい」と語った。

同社は2019年にパリでお弁当を販売するために道端に店をオープンしました。 リヨン駅に新しくできたEKIBEN ToriMeshi Bento店は約8,200万円(約$ 746,400)の売上高を上げることが期待されます。

このお店のみで販売されているお弁当はトリメッシュチキンライスのほか、稲庭うどん、つぶし米で作ったきりたんぽは、このくちばしガトコスモーク大根漬物など秋田県特産品が含まれています。

また、秋田県大館市立アリウラ小学校の子供たちがお土産を作って、フランスの顧客にプレゼントして、市内の中・高等学校と秋田国際大学も協力して販売促進に乗り出す。

(Japanese original by Kaho Shimokobe、Akita Bureau)

READ  「10個以上の突き」...住宅の部屋で24歳の女性が死亡部屋のドアロック、京都(MBSニュース) - yahoo.co.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close