技術

北朝鮮、日本上空にミサイル発射、一部の住民に隠蔽警告

北朝鮮が火曜日5年ぶりに初めて日本上空に弾道ミサイルを発射し、住民に身を隠すことを警告し、日本北部で列車運行を暫定中止しました。

合同参謀本部と日本海警は北朝鮮の東海上で発射されたミサイル試験発射について報告した。 日本政府は、ミサイルが太平洋に落ちる前に自国の領土を越えて飛行したように見えるので、市民に厳密にするよう警告した。 北朝鮮は、2017年以来初めて北朝鮮で日本上空を飛行したり、通過したミサイルを破壊するために、いかなる防御措置も取らなかったと明らかにしました。

広和日本政府広報担当者は「北朝鮮の弾道ミサイル繰り返し発射をはじめとする一連の行動は、日本と地域、国際社会の平和と安保を脅かし、日本をはじめとする国際社会全体に深刻な挑戦」と話した。 松野は簡単な記者会見で語った。 直後、記者たちに岸田文夫首相は北朝鮮の行動を「野蛮的」とし、政府が情報を収集し分析し続けると述べた。

合同参謀は北朝鮮の自強島で発射された中距離弾道ミサイル(IRBM)と見られると明らかにしました。 北朝鮮はこの地域を利用して「極超音速」と主張する複数のミサイルを含め、最近数回試験を実施しました。 テレビ朝日は匿名の政府消息筋を引用し、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、日本から3000キロ離れた海に落ちたと伝えた。

今回の打ち上げは先週、日本海軍と三角対潜水艦訓練を行った韓米両国の軍事的筋肉強化の中で平壌の10日ぶりに5回目の打ち上げだ。 韓国は土曜日、国軍の日を迎え、多連装ロケットランチャー、弾道ミサイル、主力戦車、ドローン、F-35戦闘機など、先端武器を独自に披露しました。

日本放送NHKは今回の試験で東日本鉄道(株)が北部地域の列車運行を中断したと報道した。 北朝鮮は今月、中国共産党大会と11月の米国中間選挙の間に核実験の準備を終えたと韓国議員らが先週明らかにした。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  ̥Хåƥ꡼ܤ2ʰSIMmotog8 power liteץӥ塼

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close