トップニュース

北朝鮮、東海上に弾道ミサイルと推定される発射体発射

北朝鮮が東海岸で少なくとも1発未確認発射体を発射したと、日本国防部が明らかにし、日本の国防部は今回の発射が弾道ミサイルに見える明らかにした。

詳細については、すぐに提供されていません。

今月、北朝鮮は日本のほとんどの地域に核爆弾を供給することができるものとされる新たな武器をテストしてから数日後に2つの弾道ミサイルを日本の排他的経済水域に発射しました。

核で武装した北朝鮮は、後でその弾道兵器が国家を脅かすすべての力のための潜在的な反撃オプションとして設計された新しい「鉄道搭載ミサイルシステム」の試験だった言いました。

北朝鮮は、一連の国連安全保障理事会決議に基づいて弾道ミサイルを開発したり、テストすることが禁止されています。

最新の試験発射は金成国連駐在北朝鮮大使が同日、国連総会で、自分の祖国が 「権利」があった 北朝鮮が米国の「敵対政策」と呼ぶことに対抗して自衛のための武器を開発するためだ。

彼はニューヨークで「誰も私たちの正当な自己防衛の権利を否定することはできない」と述べた。

特使は「私たちは自分を守るために、国の安全と平和を安定的に守るために、国防を強化している」と付け加えた。

北朝鮮の最近のミサイル試験では、米国本土を危険に陥れる長距離武器は含まれていなかったが、アナリストは、核弾頭を搭載することができるとされるものを含む試験された、より小さな「戦術」の武器が米国に均等に不安の脅威になると述べています。 そして、韓国と日本の連合軍。

9月16日の衛星画像をベースにした両方のレポートによると、ここ数週間の間に、北朝鮮が寧辺の核施設の濃縮施設を拡張するために努力しながら、最新の武器の実験が急増した。

数ヶ月間の沈黙の末、最近の武器の実験と一緒に、今回の拡張は、ドナルド・トランプ、当時米国大統領と三回会談を成功させるのに役立つされたキム・ジョンウン委員長が核兵器プログラムについて自ら課した制約を緩めているという信号とされた。

米国と北朝鮮の非核化交渉は2019年以来、膠着状態に陥った。 主に北朝鮮経済を窒息させた国連制裁の緩和と一方的な制裁の意見の相違が大きく作用した。

ジョー・バイデン米大統領は今年初めの数ヶ月間ポリシーの検討を終えた後、北朝鮮の究極の非核化を追求する「調整され、実用的であり、測定されたアプローチ」を目標にしており、いつでもどこでも満たすために準備ができていると付け加えました。

米国は、北朝鮮が米国の提案に応じないと明らかにし、北朝鮮の国連特使は総会で「米国が敵視政策を撤回する可能性は現段階で北朝鮮がないと判断する」と述べた。

大使は平壌が侵攻のためのリハーサルで見ている韓米合同軍事訓練と朝鮮半島に「戦略兵器」を派遣したことを指摘した。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  IAEA関係者、福島第1原発放流検討のために来日

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close