理科

北朝鮮、潜水艦発射弾道ミサイルの疑いの試験発射| 軍事ニュース

北朝鮮が東海上に潜水艦発射弾道ミサイルと推定されるミサイルを発射したと、韓国軍が明らかに日本は2発のミサイルを発射したと、韓国軍が明らかにした。

合同参謀本部は同日午前10時17分頃、新浦一帯で弾道ミサイル1発を発射したと発表した。

北朝鮮は、この地域に潜水艦基地と潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射装置を保有しており、以前にそこから他のタイプのミサイルを発射しました。

合同参謀はこの日、記者団に送ったテキストメッセージで「韓米情報当局が現在、ミサイルの追加情報を徹底的に分析している」と述べた。

発射後70分間会議の国家安全保障会議(NSC)は、今回の試験では、「深い遺憾」を表明した。

日本で岸田文雄首相が弾道ミサイル2足検出されたと明らかにした。

岸田首相は、日本の総選挙初の選挙運動期間を短縮した後、発射議論のために、東京に戻ってきた北朝鮮の最近の一連のミサイル試験発射を「遺憾に思う」と語った。

米軍は火曜日発射について、北朝鮮を糾弾し、「これ以上の不安定な行動を自制すること」を要求した。

米、インド太平洋司令部は声明で、「私たちは、北朝鮮の今朝東海に弾道ミサイルを発射した事実を認知しており、韓国、日本と緊密に協議している」と述べた。 米軍要員、領土や同盟国の領土への即時の脅威を加えません。」

火曜日、北朝鮮のミサイル発射疑惑の報告書は、以前の試験映像を活用した韓国リビジョン [Koji Sasahara/AP Photo]

北朝鮮は今年最低8回の発射体発射を成功し、2019年最後のSLBMを試験発射した。

米国と韓国の管理は、北朝鮮が禁止された武器と核プログラムについて、デッドロックに陥るように再奨励するために努力してきました。

ソン・キム米国の対北朝鮮特別代表は11日、ワシントンで開かれた南側代表との会談後に声明を出し、「米国と同盟国の安全保障を強化する具体的な進展を達成するために、北朝鮮と外交を模索するだろう」と述べた。 月曜日。

韓国聯合ニュースによると、日米韓の情報局長は火曜日、ソウルで会っ北朝鮮情勢を議論する予定である。

米、インド太平洋司令部は北朝鮮に「これ以上の不安定な行動」を自制することを促したが、火曜日の打ち上げが、米国や同盟国への即時の危険をもたらすませないました。

降圧外交

2019年2月にドナルド・トランプ、米国大統領とキム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長のベトナムの首脳会談が決裂した2019年2月以降、北朝鮮の禁止された核プログラム廃棄交渉が膠着状態に陥った。

以後南北の間の非武装地帯で、二人の出会いは、進展を成し遂げた。

米国と韓国は北朝鮮を非核化会談に戻すしている。 [Mandel Ngan/AFP]

それ以来、平壌はミサイル技術の新たな発展を誇示して寧辺の核だけでの活動を強化する武器の実験を強化しました。

「北朝鮮が、可能な限り強力な抑止力を持っている政権が、自分が見て状況に直面して生存できるようにするために行うことができるほぼすべての仕事を喜んでする程度を非常に生き生きと示しています。 「敵対的な「米国の政策です。

北朝鮮の最近の武器の実験では、極超音速ミサイルと核能力を備えた巡航ミサイルが含まれていますが、先週、韓国が「二重基準」と呼ばれることを撤回するとの外交再開の可能性を再ナビ打ちました。

レイフ – エリックがリー梨花大教授は「北朝鮮が国連安全保障理事会決議に違反を通常の自慰行為で受け入れるように、世界に強要している」と述べた。 始めた。

「これは核保有国として事実上の国際的な認識を得て、接触再開のための譲歩を受け取るためのキム・ジョンウン政権の努力の一部です。 “

韓国はまた、先月初SLBMをテストし、空母のような新たな軍事装備を開発し、米国産F-35ステルス戦闘機で空軍力をアップグレードするなど、軍事近代化に拍車をかけている。 今週後半に初の宇宙発射を計画しています。

INTERACTIVE-北朝鮮韓国の弾道ミサイルの射程距離

武装増強と多数のテストにもかかわらず、今月初めに韓国と北朝鮮は平壌が突然ソウルの電話を受けることを中断して2ヶ月での通信のホットラインを回復しました。

当時、金委員長の言葉を引用して国営朝鮮中央通信は、今回の措置が韓半島に「永遠の平和」を構築しようとするだった。

北朝鮮もコロナ19の拡散による国境閉鎖長期化により、国際社会の制裁効果がさらに加重されている状況である。

先週末、朝鮮労働党創建76周年記念日に金委員長は「暗い」経済状況を考えると、北朝鮮の住民の生活を改善するために、より多くの仕事をすることを管理者に促しました。

この国は、芸術公演、ガラショー、花火大会で記念日を記念した大規模な軍事パレードは開かなかった。

READ  The Day-「Why We Swim」作家Bonnie Tsuiは、木曜日」Read of The Day」に参加

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close