世界

北朝鮮が「未確認発射体」を発射したと南側が明らかにしました。

発射体は現地時間火曜日午前7時27分頃(東部標準時月曜日午後5時27分)発射され、軍は追加発射に備えて’準備態勢’を維持していると付け加えた。 軍は、米国の緊密な協力の下で関連する動きを注視していると述べた。

日本海岸警備隊は「弾道ミサイルの可能性」が現地時間午前7時45分ごろ海に落ちた可能性があると明らかにしました。 すべての船に墜落した物体に接近するのではなく、目撃された事実を報告するよう求めました。

政府は声明で「政治的安定が非常に重要な時期になった北朝鮮の発射に対して深い残念を表明した」と明らかにした。

火曜日の出来事は北朝鮮です 第二発射体発射 一週間以内に。
合同参謀本部によると、北朝鮮が去る水曜日の未来の発射体を朝鮮半島東海上に発射したと合同参謀本部が明らかにしました。 北朝鮮は金正恩政権が二番目に極超音速ミサイルを試験したと明らかにした。 しかし、たくさん 専門家はこの主張を疑った

日本防衛省によると、火曜日の試験は先週とほぼ同じ距離である700km(435マイル)をカバーし、ミサイルは日本排他的経済水域(EEZ)外の海に落ちた。

北朝鮮は火曜日の発射に関する情報を開示していない。 先週、北朝鮮の官営媒体は試験24時間後に詳細を伝えた。

北朝鮮は国際法により弾道ミサイルと核兵器実験を禁止している。

READ  Greta Thunbergは「blah、blah、blah "演説では、気候の世界の指導者たちを殴打します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close