北朝鮮がすぐに二次偵察衛星を搭載したロケットを発射する計画だ。

1 min read

ソウル、韓国(AP) – 北朝鮮は、月曜日の来週初めまでに第2軍事偵察衛星を搭載したように見えるロケットを発射する計画を発表し、近隣国家である韓国と日本から迅速かつ強力な叱責を受けました。

国連決議により発射が禁止された発射計画は、ユン・ソクヨル韓国大統領と岸田文夫日本首相がソウルで李昌中国首相と会談する中で出ました。 最初の三者協議 4年以上。

日本海岸警備隊は、月曜日から6月3日深夜まで朝鮮半島と中国間の海域とフィリピン、ルソン島東海域で安全主義が維持された「衛星ロケット」発射計画を北朝鮮から通知されたと明らかにした。

北朝鮮が日本に発射情報を提供する理由は、日本海岸警備隊が東アジア海上安全情報を調整・配布するためだ。

北朝鮮の計画された打ち上げは、第二軍事偵察衛星を軌道に乗せようとする試みである可能性が高い。 韓国軍は金曜日、北朝鮮の北西東昌里発射場で偵察衛星発射を準備すると疑われる兆候を捉えたと明らかにした。

国連は北朝鮮の衛星発射を長距離ミサイル技術試験のための迷彩とみなして禁止しています。 北朝鮮は人工衛星を発射してミサイルを試験する権利があるとしっかりと主張してきた。 北朝鮮は偵察衛星を通じて米国と韓国の動きをよりよく監視し、核搭載可能ミサイルの精密打撃能力を向上させることができると明らかにした。

尹長官は岸田首相と李首相との会談を始め、「弾道ミサイル技術を利用した(北朝鮮の)発射は国連安全保障理事会決議に直接違反し、地域と世界の平和と安全保障を毀損すること」と言った。 「北朝鮮が国際社会の警告にもかかわらず発射を強行するなら、国際社会が断固として対処しなければならないと思います。」

岸田長官は北朝鮮に発射計画を取り消すことを強く促したと述べた。 中国は北朝鮮の同盟国であり、李首相は北朝鮮の発射計画については言及しなかった。

月曜日の朝の電話会談では、日本、韓国、米国の上級外交官は、北朝鮮に打ち上げのキャンセルを促すことに合意した。 韓国統一部は別に北朝鮮の衛星打ち上げを「私たちと地域の安全保障を深刻に脅かす挑発」と規定しました。

昨年11月、北朝鮮は 最初の軍事偵察衛星 米国が主導する軍事的脅威が増加するにつれて、宇宙ベースの監視ネットワークを構築する努力の一環として軌道に入った。 金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長は以後、年末当大会で北朝鮮が発射すると述べた。 3つの追加の軍事偵察衛星 2024年に。

北朝鮮の衛星が軍事的に意味のある画像を生成できるかどうかは広く疑われていますが、一部の民間専門家は、複数の衛星を運用すれば、北朝鮮が常に大きな目標を監視するのに役立つと言います。

日本への最近の打ち上げ通知は、北朝鮮の最後の打ち上げ前に確認されたのと同じ潜在的なロケット破片の危険区域を識別します。

これは、北朝鮮が以前と同じロケットの1段と2段を使用することを示唆するとソウルにある韓国国家戦略研究院のミサイル専門家チャン・ヨングンが言いました。

Changは今年3つの衛星を発射すれば、北朝鮮が韓国、日本、アメリカ太平洋地域のグアムのサイトでイメージをより頻繁に得ることができるようになると述べた。

2022年以来、北朝鮮は武器庫を近代化し拡張するための挑発的なミサイル試験を実施してきました。 専門家たちは、北朝鮮が武器庫を拡大すれば、今後米国との外交で影響力が大きくなると信じている可能性があると述べています。

北朝鮮は月曜日、ユン、岸田、李の3者協議の公式議題に含まれていません。

しかし、尹委員長はこの日、李首相との量子会談で国連安全保障理事会常任理事国である中国が朝鮮半島の平和増進に寄与してくれることを要請し、北朝鮮核問題とロシアとの軍事関係の深化などに言及したという。 ゆん事務所へ。

韓国、日本、米国は長い間北朝鮮の主要同盟国であり経済パイプラインである中国に影響力を行使し、北朝鮮が核野望を放棄するよう説得するよう促してきました。 しかし、中国は、北朝鮮に対する国連制裁の実施を回避し、貧しい近隣諸国の生存を支援するために、秘密の救援物資の輸送を避けているという疑いがあります。

___

山口が東京で報告した。 この報道にキム・ドンヒョンAP通信記者が寄稿しました。

___

https://apnews.com/hub/asia-pacificでAPのアジア太平洋地域をフォローしてください。

AP通信キム・ヒョンジンと山口まり

READ  American Wave Machines、Inc.、PerfectSwell®Shizunami発表
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours