経済

北朝鮮の核心党会議、経済議論の可能性

北朝鮮メディアは、党のコア会議で来年度の予算案を議論したと報じた。

労働新聞は労働党中央委員会全員会の3日目を3日開催したと報道した。

参加者の中には経済を担当する上級管理者も含まれた。 当局者は、国のコロナウイルス対策で大きな打撃を受けた経済を再建する方法について話したようです。

北朝鮮はファンデミックに対応し、約2年間国境を閉鎖しました。 平壌は、国内で確認された感染者はいないと明らかにした。 しかし、北朝鮮の最大貿易国である中国との貿易は大きく減った。

統一部の情報源は、今回の会談で強力な防疫措置を維持するのか、それとも経済とバランスをとる新しい方向を模索するのか、礼儀注視していると明らかにしました。

木曜日は金正恩委員長が北朝鮮最高司令官になってから10年になる日です。

労働新聞は2面社説で金委員長の業績を強調し、北朝鮮が世界軍事強国に急浮上したと話した。

READ  日本のCEOは、緊急事態を受け付けますが、大きな損失に備える

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close