北朝鮮ワールドカップ選手、「サッカーより日本予選がより重要だ」

Estimated read time 1 min read
안용학이 도전하는 <a class="링크 " href="https://sports.yahoo.com/soccer/teams/brazil/" 데이터-i13n="sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link" 데이터-ylk="slk:브라질;sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link;itc:0">2010年ワールドカップでのブラジル</a> カカ(VALERY HACHE)” src=”https://s.yimg.com/ny/api/res/1.2/oK64oS3C89cVSig4.rwlMw–/YXBwaWQ9aGlnaGxhbmRlcjt3PTk2MDtoPTY5OA–/https .com/0459a9ed8684033c75effbf5656e428f” data-src=”https://s.yimg.com/ny/api/res/1.2/oK64oS3C89cVSig4.rwlMw–/YXBwaWQ9aGlna ://media.zenfs.com/en/ afp.com/0459a9ed8684033c75effbf5656e428f”/><button class=
2010年ワールドカップでブラジルのカカに挑戦する安用学(VALERY HACHE)

アン・ヨンハクは日本で生まれ育ったが、木曜日に東京で開かれるワールドカップ予選で南北が対抗するとき、全所属チームである北朝鮮を応援する予定だ。

安氏は在日同胞30万人余りのひとつで、雇用、社会福祉などで長い間差別を受けてきた集団だ。

彼は日本で親北学校に通い、2010年ワールドカップでクリスティアーノ・ロナウド、カカ、ヤヤトゥレを相手に北朝鮮代表ミッドフィルダーとして40回出場した。

今回の予選は、一部の在日同胞、特に観客席で北朝鮮チームを応援する人々にとって特別な日だ。 自分たちのアイデンティティをしっかりとする機会だからだ。

「私は2006年のワールドカップ予選で埼玉スタジアムで日本との試合をしました。 現在45歳で選手として引退したアン氏は大会を控え、横浜のある親北学校​​でAFPに語った。 木曜日の試合。

「しかし、試合が終わった後、私たちはみんな日本のファンに握手をして手を振った。

「結果を上回る素晴らしい試合だったし、今回もそうしたらいいな」

日本に居住する朝鮮族は、ほとんどが1910年から1945年の第二次世界大戦で東京が敗北するまで、日本が朝鮮半島を残酷に植民支配している間、故郷から引かれてきた民間人の子孫だ。

在日同胞3歳のアンさんのような人は、従北団体の支援と平壌の支援を受け、学校で教育を受けている。

日本と北朝鮮は正式な関係はありませんが、東京政府は他の学校に補助金を提供しなくても学校の運営を許可します。

-信頼を得る-

アン・ジェヒョンは日本Jリーグで選手生活を始めたが、北朝鮮代表チームの生活が自然に感じられたと話した。

彼は「私は日本で生まれ育ったため、率直にテレビで見た朝鮮選手より日本選手の名前と顔をよりよく知っていた」と北朝鮮の公式名称を使用した。

「しかし私は朝鮮族で、名前は安龍学だ。私は朝鮮民主主義人民共和国を私の国家代表チームとして考え、常にそれを念頭に置いて一生懸命働いた。」

アンさんは子供の頃、平壌に修学旅行を行って、彼と彼のクラスメートは常に暖かい歓迎を受けたと言いました。

彼の国際チームの同僚は最初はあまりオープンではなかったが、「結局私たちは家族のようだった」と彼は言った。

続いて「私たちは違う国に住んでいるが、みんな人間だから互いに善意で対話している」と付け加えた。

「私はサッカー選手だからスタジアムで一生懸命働き、信頼を築きました」

アン氏は2010年ワールドカップに進出した北朝鮮代表チームの一員だった。 これは北朝鮮が最後にトーナメントに進出した時だった。

チームにはイングランド攻撃手ウェイン・ルーニーを称え、「人民ルーニー」として知られるフォワード・ジョンテセなど日本で生まれた少数の朝鮮族も含まれた。

-先駆者-

安氏は日本国内の朝鮮学校出席率が減少しており、今週の試合に出場する北朝鮮選手団には日本生まれの選手一人だけが含まれる可能性が高いと述べた。

安重根は東京と横浜でサッカースクールを運営しており、新世代の北朝鮮国家代表チームの育成に役立てたい。

引退後、非認定国家代表ワールドカップで日本朝鮮族代表チームを指導したアン監督は「子供たちの数はますます減っているが、依然としてワールドカップで朝鮮民主主義人民共和国のために走る夢を見る人々がいる」と話した。 2017年に遊びます。

アン・ヒョンスは自身のキャリアを通じて日本にいる朝鮮族たちに何が可能かを見せようと努力し、2006年に韓国Kリーグでプレーする最初の北朝鮮国家代表選手になったと話しました。

彼は両方の国が技術的に戦争中であり、まだ戦争中であるため難しいかもしれないという警告を受けましたが、その動きは成功したことが判明しました。

サッカーは、日本で長い間差別を受けてきた人々に誇りに思う理由を与えたと彼は言った。

彼は「子供たちが朝鮮族であることが否定的なものだと考えながら成長することを望まない」と付け加えた。

「私は彼らがそれを活用し、何でもできることに気づき、次の世代にもそうすることができることを示してほしい」

AMK/PST

READ  角田裕毅インタビュー(1):ホンダと牛の育成ドライバー契約/日本人F1ドライバー誕生の道[F1-Gate.com]
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours