北朝鮮ICBM発射後、韓米日ミサイル防御訓練

Estimated read time 1 min read

ソウル(ロイター)-北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射してから数日ぶりの日曜日、韓国海軍は進化する北朝鮮の核とミサイル脅威に対応するため、韓米日合同海上ミサイル防衛訓練を行ったと明らかにした。

北朝鮮は、水曜日の東海上で敵に対する「強力な実用的な警告」と述べた核打撃力の核心として描写された最新の火星18ミサイルを発射しました。

海軍は日曜日の3者訓練が韓国と日本の間の公海で行われ、3国のイージスレーダーシステムを装備した駆逐艦を一緒に集めたと海軍が明らかにしました。

ワシントンとアジア同盟国は、北朝鮮ミサイルに関する情報共有システムの改善に取り組んできました。 韓国と日本はアメリカのレーダーシステムとは独立して接続されていますが、互いに接続されていません。

今回の訓練は、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する連合軍の対応を仮想標的が登場するシナリオに熟達することが目的だと軍は明らかにした。

海軍関係者は「北朝鮮の核・ミサイル脅威に韓国軍の強力な対応体系と三角空調で効果的に対応する」と話した。

北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射は米国、韓国、日本が非難したが、北朝鮮は自衛権行事とし、これを拒否した。

今回の打ち上げは最近、米国偵察機が排他的経済水域(EEZ)上空を飛行していると非難し、最近米国の核推進巡航ミサイル潜水艦の韓国訪問を糾弾して対応措置を取ると明らかにした北朝鮮の熱い抗議に続いたのです。

(チェ・スヒャン記者、ウィリアム・マラード編集)

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 白穂はスモライフの次章を始める。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours