北野、カンヌ映画祭復帰、成功に「無関心」

1 min read

コメディアンで名声を出した後、アートハウス監督として好評を受けた北野は、単独インタビューで自分だけのやり方で仕事をすると話した。

彼はフランス映画祭のために出国する前に東京で「海外で認められたら嬉しいが、できるだけ無関心にしたい」と話した。

「私が撮影したのは…良い評価を受けたらとても嬉しいです。しかし、それが私が喜ばせようとしているわけではありません。」

「Kubi」は、俳優、作家、画家、ゲームショー「Takeshi’s Castle」の進行者など多様なキャリアを積んだ76歳の高齢者が6年ぶりに初めて長編で公開した作品です。

彼の最新の時代の作品は、彼が知られていたラフギャングスター映画よりも予算がありますが、創造性はまだ北野にとって重要です。

北野は「私は影響を受けたくない」と言った。 「黒澤の映画で戦闘シーンを見ないようにしてみました。だから私はそれの影響を受けませんでした」

「似ていたら、私たちはおそらく同じ考えを持っていたでしょう」と彼は付け加えました。

「やめよう」

「Kubi」は、1582年に日本で最も強力な封建領主が本能寺事件として知られるようになった京都の寺院で、致命的な罠に陥って死亡した話を聞かせてくれます。

この映画はカンヌ競争部門にはないが、火曜日、カンヌ映画祭で初演される予定だ。

ヤクザ映画「アウトレイジ(Outrage)」が黄金やし賞を受賞した2010年以降、北野のカンヌ映画祭出演は今回が初めてだ。

しかし監督は、数十年間にわたって自身が発表してきた政治番組を録画したばかりの日本ネットワークテレビ朝日の扮装室にあるソファに座り、自身の大画面復帰を延期しました。

彼は「以前からテレビと映画を切ろうと努力してきた」と別荘でゴルフをして余裕を払おうとしたと付け加えた。

しかし北野は、もっと作業をしなければならないという圧迫感なしに再びセット場に戻ってきました。

この映画を最後の映画にすると思った」と話した。

それでも撮影が終わり、俳優たちとスタッフたちが良い映画だと話した。

「ビート武士」

大学で工学科「宇宙関連科目」を勉強した北野が2番目に選んだ職業はエンターテイメントでした。 今でもなお「快適さ」を感じられるのです。

何十年もの間、彼は「ビート・タケシ」として知られている日本で最も人気のあるテレビプロデューサーの一人で、相撲選手から巨大なミルクボックスまで、すべての服装をスケッチしました。

対照的に、彼の映画は、1997年にヴェネツィア映画祭で最優秀賞を受賞した地下世界スリラー「ソナティネ」、「兄弟」、「ハナビ」など、拷問されているキャラクターと暗いユーモアでいっぱいです。

北野の最大の商業的成功である2003年の「佐藤一」は侍映画であり、「Kubi」は彼の最も高価な映画で製作費が15億円(1,100万ドル)をかけました。

北野氏は、「ほとんどの日本映画は予算の少ない小規模な制作である。より大きな規模で何かを試すことを考えた」と北野氏は語った。

実際、彼は「3倍大きい」予算と乗組員を望み、戦闘シーンを高度化するためにコンピュータグラフィックスを使用したと言いました。

北野は30年前に初めて「Kubi」のシノプシスを書いたが、このプロジェクトは彼が日本の歴史の重要な瞬間について小説を書いた2019年に始まった。

北野映画でよく見られる忠誠心、裏切り、日本の名誉規則のテーマが含まれており、近い同性の絆も含まれています。

北野は「日本の時代劇は男性同性愛をほとんど描写していない」と述べた。

それで「テレビや主流の日本映画で絶対に見られない映画を作りたかった」。

最終製品は、砂糖で覆われたゴールデンタイムゾーンのサムライドラマよりも沈み、親密で暴力的です。

そして、カードに潜在的に2つの将来の映画プロジェクトがあるにもかかわらず、北野は人々が考えるのは低い優先順位で残るだろうと言います。

「私はただ私が好きで、私が良いと思うことをしているだけだ」

READ  ウクライナで1970年映画セット場を運営する日本の劇場
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours